内閣府「年齢・加齢に対する考え方に関する意識調査」

内閣府の「年齢・加齢に対する考え方に関する意識調査」の結果、「不安を感じている」が合わせて80.6%を占め、「感じていない」19.2%を大きく上回っていることが明らかになりました。この不安に政治はどう答えるか、それが問われているのです。

●高齢期の生活に不安を?

大いに感じている 30.0
多少感じている 50.6
あまり感じていない 16.8
まったく感じていない 2.4

この調査は、今年2月から3月にかけ全国の20?50代各1000人、60歳以上2000人の計6000人を対象に実施されたもので、回答率65.7%。

投稿日:
カテゴリー: 政治

作成者: GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください