IBMがパソコン事業を売却?

アメリカIBMが、デスクトップやノートなど全パソコン事業の売却を検討しており、東芝は打診を断ったというニュース。本気なんでしょうか。

ま、個人的には、ThinkPadの何とも垢抜けないデザインと、個人向けソフトをぽんぽん売却してしまう体質に、とてもじゃないけれども個人ユーザーとしてはIBMのパソコンは買えんなあと思っていたので、どうでもいいことですけどね。(^^;)

<米IBM>全パソコン事業の売却を検討 東芝は打診断る(毎日新聞)

<米IBM>全パソコン事業の売却を検討 東芝は打診断る

 【ワシントン木村旬】米コンピューター大手のIBMがデスクトップ型やノート型など全パソコン事業の売却を検討していることが3日、明らかになった。東芝には今年、打診があったが断った。同日付の米紙ニューヨークタイムズによると、中国のパソコンメーカー最大手聯想(レノボ)グループなどと売却交渉を進め、売却額は10億?20億ドル(約1030億?2060億円)に上る見込みという。
 IBMの広報担当者は同紙に「うわさについては確認も否定もしない方針だ」と話している。
 IBMは1981年にパソコン事業にいち早く参入し、趣味や研究に限られていたパソコンを、個人や一般のビジネスに身近な存在に変えた。
 IBMのパソコン売上高は、全体の年間売上高920億ドルの約12%を占めるが、最近のパソコン事業は、競争の激化で利益が薄くなっている。さらに、世界のパソコン売り上げシェアで、IBMは6.0%(世界3位)に低下し、首位のデル(18.0%)、2位のヒューレット・パッカード(16.1%)に大きく水を開けられている。
 IBMは「ハード分野」のパソコン事業から撤退し、IT(情報技術)のサービス事業という「ソフト面」に経営資源を集中する戦略に転換していく狙いとみられる。[毎日新聞 12月3日23時15分更新]

作成者: GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

2件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください