過ちて則ち改むるに憚ることなかれ

PLOのマフムード・アッバス新議長が、アラファト前議長時代のPLO指導部がイラク旧フセイン政権のクウェート侵攻を支持したことを謝罪しました。

過ちては則(すなわ)ち改むるに憚(はばか)ること勿れ
[論語学而] 過ちを犯した時は、躊躇(ちゅうちょ)することなく速やかに改めよ。[三省堂『大辞林』]

PLO新議長、クウェートに謝罪/イラクの侵攻支持で(読売新聞)

PLO新議長、クウェートに謝罪/イラクの侵攻支持で

 【カイロ=岡本道郎】クウェートからの報道によると、マフムード・アッバス・パレスチナ解放機構(PLO)議長は12日、クウェートを訪問、アラファト前議長時代のPLO指導部が1990年、イラクの旧フセイン政権によるクウェート侵攻を支持したことについて、PLO議長として初めて謝罪した。
 アッバス議長はクウェート入りした直後、記者団に対し、「クウェートに対する我々の立場について謝罪する」と述べた。明確な謝罪を拒んでいた前議長の死去を受けて、アッバス議長がいち早く過去の清算に着手したものとみられる。(2004/12/13/10:14 読売新聞)

作成者: GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください