横須賀に原潜配備へ

横須賀を事実上の母港とするキティーホークの引退にともなって、原子力空母を配備する方針を、米海軍幹部が表明。

横須賀への原子力空母配備を表明 米海軍幹部が公聴会で(朝日新聞)

横須賀への原子力空母配備を表明 米海軍幹部が公聴会で

 米海軍の制服組のトップ、クラーク作戦部長(海軍大将)は10日の上院軍事委員会の公聴会で、横須賀基地を事実上の母港としている通常型空母キティホークの後継艦は、原子力空母とする以外に選択肢がなくなることを明らかにした。
 クラーク作戦部長は「キティホークが退役する時には代わりの空母を配備する。当然、それは日本側との協議が必要となる問題だ」と述べた。
 米海軍が現在、保有している通常型空母は、キティホークのほかはケネディだけだ。クラーク部長はケネディを年内に、キティホークは3、4年後にそれぞれ退役させ、その後は米海軍が保有する空母11隻はすべて原子力空母にする計画だと説明した。このためキティホークの後継艦は、必然的に原子力空母になる。
 キティホーク後継問題では、すでにファーゴ太平洋軍司令官が昨年3月、米下院軍事委員会の公聴会で「最も能力の高い空母と交代させたい」と語り、最新鋭の原子力空母を就役させる意向を示唆していた。
 地元横須賀では原子力空母への拒否反応が強いため、神奈川県の松沢成文知事が米国側に、後継艦は通常型のケネディにするよう求めていた。原子力空母を配備するためには港湾施設を拡充する必要もあり、地元の理解を得るのは難しそうだ。[asahi.com 2005/02/11 19:26]

作成者: GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください