民主、年金一元化で消費税5%上げ必要

民主党の仙石政調会長、同党の年金一元化案の実現には、消費税を3?5%の引き上げが必要と指摘。

民主・政調会長、年金一元化で「消費税5%上げ必要」(読売新聞)

民主・政調会長、年金一元化で「消費税5%上げ必要」

 民主党の仙谷政調会長は13日午前のNHKの討論番組などで、年金を一元化し、消費税を最低保障年金の財源に充てる同党の政策に関連して、「(最低保障年金の)給付を10万円くらいの水準で考えれば、消費税は5%ぐらい(の上乗せ)が必要になる」と語った。
 そのうえで、「ある時までは3%、ある時からは5%(引き上げ)ということがあるかもしれない」と段階的な消費税率引き上げが必要だとの考えを示唆した。
 これに関連し、岡田代表は別のテレビ番組で「我々はまず3%上げないといけないと言っている。(最低保障年金の)全部を消費税でまかなうと(3%では)足りない」と述べた。(2005/3/13/15:29 読売新聞)

作成者: GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください