ニッポン放送、ポニーキャニオン株売却か?

ニッポン放送は、ポニーキャニオンの株式の56%を保有しているので、ライブドアがニッポン放送の支配権を手に入れれば、ホリエモンは、即ポニーキャニオンの支配権も手に入れることになります。

だもんだから、そうなる前に、ニッポン放送がポニーキャニオンの株をフジテレビに売ってしまおうということ。ま、そういうことは予想されていたので、ライブドア側も、勝手に資産を売却しないようにという書簡をすでにニッポン放送経営陣に送りつけています。にもかかわらず、ニッポン放送がポニーキャニオン株を売却したりしたら、株主代表訴訟で現経営陣に損害賠償請求しますよ、ということでしょう。

ニッポン放送、ポニー株売却を検討(日経新聞)

ニッポン放送、ポニー株売却を検討

 ニッポン放送の亀渕昭信社長は14日朝、記者団に対し「ライブドア傘下になった場合、(同放送の重要資産であるレコード会社の)ポニーキャニオン株をフジテレビジョンに売却することも検討している」と述べた。
 こうした重要資産の売却は、敵対的買収の対抗策の一つで、買収者の「うまみ」を減らす「焦土作戦」と呼ばれる。ライブドアは重要資産の売却をしないよう、先週末、ニッポン放送の全役員に文書で要請しており、亀渕社長の発言はこの文書の内容に異論を唱えたことになる。
 一方、ライブドアは同日にもフジテレビに対し事業提携に向け協議の場を設けるよう再度申し入れる。日枝久フジ会長が「メリットがあれば(協議を)拒否する理由はない」と柔軟な姿勢を示したためだが、ニッポン放送が「焦土作戦」に言及したことで事態は一層混迷の度を深めた。〔共同〕[NIKKEI NET 2005/03/14 10:15]

ライブドア、重要資産の保有継続をニッポン放送役員に要請(日経新聞)

ライブドア、重要資産の保有継続をニッポン放送役員に要請

 ライブドアがニッポン放送の全役員あてに、同放送が自社の重要資産を他者へ売却せず保有し続けるよう求める文書を12日、発送したことが明らかになった。買収企業が入り込む前に資産価値を減らす防衛策「クラウン・ジュエル」を実施しないよう、くぎを刺す狙いと見られる。
 ライブドアは11日までにニッポン放送株を議決権ベースで約47%取得。東京地裁が同日下した同放送のフジテレビジョンに対する新株予約権発行を差し止める決定を受け、同放送株の過半数取得を目指している。
 ライブドアの懸念は、ニッポン放送に役員を送りグループ経営を始める前に同放送の資産価値が毀損(きそん)すること。同放送が持つフジ株や子会社のポニーキャニオンなどをフジサンケイグループの他社などに売却されると、買収の意味が薄れるからだ。
 ニッポン放送が重要資産を売却した場合、ライブドアは大株主として同放送の役員を相手に株主代表訴訟を起こす考えもある。事前に文書で要望を伝え、注意を喚起する思惑がある。[NIKKEI NET2005/03/13 07:00]

作成者: GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

5件のコメント

  1. ピンバック: 海老名誠の身辺雑記
  2. ピンバック: 微熱日記
  3. ピンバック: 微熱日記

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください