今どき共産党員差別は流行らない

大阪の大手繊維メーカー「クラボウ」で、共産党員であることなどを理由に昇進などで差別を受けたとして従業員2人が会社を訴えていた裁判で、31日、大阪高裁で和解が成立。会社側が8100万円を支払う。

クラボウが8000万円支払い=社員の思想差別で和解?大阪高裁(時事通信)

クラボウが8000万円支払い=社員の思想差別で和解?大阪高裁

 繊維大手「クラボウ」(大阪市)で、共産党員を理由に昇進などで不当な差別を受けたとして、社員2人が同社を相手取り、差額賃金や慰謝料などを求めた訴訟は31日、大阪高裁で会社側が計8100万円を支払うなどの条件で和解が成立した。
[時事通信 3月31日15時1分更新]

作成者: GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください