JR西日本、事実上、過密ダイヤ修正へ

JR西日本が宝塚線の過密ダイヤの見直しを表明。

時刻表通りの運行が不可能であることを、事実上認めたことになりますね。まあ、「過ちて後改むるを憚る事勿れ」という諺もありますから、無理せずに運行できるダイヤにしてほしいものです。しかし、そのために107人の犠牲というのは、あまりに大きな代償だった言わざるをえません。

過密ダイヤ見直しへ=日常的に40?71秒遅れ?脱線事故の福知山線・JR西(時事通信)

過密ダイヤ見直しへ=日常的に40?71秒遅れ――脱線事故の福知山線・JR西

 JR福知山線の快速電車脱線事故で、社内調査の結果、同線ではラッシュ時に遅れが日常化していたとして、JR西日本は30日までに、過密ダイヤを見直す方針を決めた。過密ダイヤと脱線事故との関係には言及していないが、「調査の結果を踏まえ、なにがしかの見直しを考えている」としている。
 同社によると、福知山線で今月上旬、上り電車が朝のラッシュ時にどれくらい遅れているかを調査した。その結果、大阪駅などの終着駅や主要駅では日常的に遅れが発生し、平均40?71秒に達していることが分かった。
 電車の遅れの要因は通常、乗客の乗降にかかる時間がほとんどという。[時事通信 4月30日22時1分更新]

作成者: GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください