アイデアは最高 「メリンダとメリンダ」

メリンダとメリンダ

少し前に、恵比寿ガーデンシネマで見てきた映画です。(今年16本目)

こっちのメリンダ(ラダ・ミッチェル)は、裕福な医者と結婚して子どもも2人いて、幸せだったはずなのに、カメラマンと浮気した挙げ句に捨てられ、自殺未遂をして精神病院に収容されていたというボロボロな状態。他方、もう一人のミランダ(やっぱりラダ・ミッチェル)も、裕福な医師と離婚したけれど、こっちはさっさと次の恋を探しに行くという感じで、どちらも友人宅のパーティーに突然転がり込み、ピアニストと出会うというところは同じ。それなのに、不幸なメリンダと幸福なメリンダでは、こんなに結末が違ってしまう…という作品です。しかも、それを一人の女優に二役で演じさせるというところも、映画の作り方として興味あります。

個人的な好みからいえば、不幸な方のメリンダのストーリーの方が見ていて面白いですね。ちょっと崩れた感じで、感情の起伏を押さえきれないあたりも危なっかしい。いわゆる破滅型なんでしょう。実際の恋人がこんなのだったら迷惑きわまりない話ですが、見てる分にはハラハラ、ドキドキ、飽きさせてくれません。

ただし、(このあと、ややネタばれ、興ざめ的コメントあり)

そのストーリーの前後に、額縁ショーよろしく、余計な話がくっついてます。普通に、ラダ・ミッチェルに二役をやらせながら、2つのストーリーを同時並行的に進めりゃ、そこそこにオシャレな作品になったんでしょう。

ウッディ・アレンもこの程度ということなのか、それともたんに歳を食って発想が月並みになったのか、はたまたウッディ・アレンの説教臭さが出ただけなのか…。いずれにしても、せっかくのアイデアの良さを、脚本がダメにしてしまったという感じです。残念!

→公式ホームページ メリンダとメリンダ

【映画情報】監督・脚本:ウディ・アレン/出演:ラダ・ミッチェル(メリンダ)、クロエ・セヴィニー(ローレル役)、キウェテル・イジョフォー(ピアニスト)、ウィル・フェレル(ホビー)、アマンダ・ピート(スーザン)/2004年 アメリカ

作成者: GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

4件のコメント

  1. こんにちは。
    トラックバックありがとうございました。

    > 額縁ショー・・・
    僕はこれはこれで良いか、と思いました。人生が悲劇的だとか喜劇的だとか言っても、所詮、与太話に過ぎない、ってことで。

    > ウッディ・アレンもこの程度ということなのか・・・
    うん。僕も、今回、ウディやってくれた!ありがとう!と思う程の出来じゃなかったと思います。どこが?って言うと、答えられないんですが。

    次作に期待…

  2. ピンバック: It's a Wonderful Life
  3. TBありがとうございます。

    僕は久しぶりのW・アレン作品と言う事で、
    結構楽しめました。
    このメリンダという女性。
    周りにかなり影響を与えますね。
    周りの状況を一変させた彼女に脱帽です。

    もうW・アレンも70歳。
    そろそろきついですかね?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください