風の谷のナウシカ

テレビで宮崎駿監督の「風の谷のナウシカ」を見ました。学生の頃に20数回も見て、すべてのシーン、すべてのセリフを覚えてしまったほどで、若気の至りで、ナウシカ論なるものを本気で書いたこともありました。(^^;)

しかし、今回あらためてテレビで見て、学生の時のような“感動”を覚えないことに、ちょっと驚きました。

まあこっちが歳をとってしまったと言えばそれまでですが、9・11、とくにアフガニスタン戦争、イラク戦争のあとになってみると、未来に仮託された“破壊”がけっして空想のことではなくなってしまったような思いがして、ナウシカを“物語り”として楽しめなくなってしまった、というのが率直な感想です。

でも、そう思いつつ、結局、最後まで見てしまいました。宮崎駿監督の作品は、このあと「天空の城ラピュタ」あたりがピークで、その後は方向性を見失っておられるのではないかと思われ、残念でなりません。

投稿日:
カテゴリー: 映画

作成者: GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

4件のコメント

  1. ピンバック: 土佐高知の雑記帳
  2. ピンバック: 文学な?ブログ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください