こんどは空港通用口パスワードが流出

Winnyのウイルス感染によるデータ流出事件。こんどは、羽田空港や中部国際空港の職員通用口のパスワードが、全日空のパイロットのパソコンから流出していたことが判明。

空港通用口のパスワード流出(NHKニュース)

空港通用口のパスワード流出
[NHKニュース 03/15 06:09]

 羽田空港や中部国際空港など国内の30の空港の職員通用口などのパスワードが全日空のパイロットのパソコンからインターネット上に流出し、全日空がパスワードを緊急に変更していたことがわかりました。
 全日空によりますと、去年11月、羽田空港や中部国際空港、それに関西空港など国内の30の空港の全日空が利用している職員通用口や管理棟などに入るためのパスワードの一覧表が流出していると国土交通省から指摘がありました。調査した結果、全日空の大阪乗務センターに所属する54歳のパイロットがこの一覧表を自宅のパソコンに保存し、インターネットでさまざまな情報をやりとりするソフトの「Winny」を使っていたところ、コンピューターウイルスに感染して流出したことがわかりました。
 流出した一覧表は去年7月に作られたものですが、変更されずにそのまま使われていたパスワードもあり、なかには金属探知器などのチェックを受けずに搭乗ゲートに入ることができる通用口の情報も含まれていました。このため全日空は緊急にパスワードの変更を行ったということです。これについて全日空は、「パスワードを入力する入口に近づくには途中で社員証などの提示が必要なため、外部の人間が近づくことは難しいとは思ったが、念のためにパスワードを変更した。情報管理には今後、万全を期したい」と話しています。

作成者: GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください