違法駐車

路上で荷捌きする業者

駐車違反の取り締まりが強化されていますが、うちの職場近くでは、毎日、午後になると、民間輸送業者が路肩にトラックを並べて、荷物の積み替えなどの荷捌きをやっています。積み替える荷物は1つや2つではありません。写真のように、道路上に十数個の荷物を広げて、大々的に作業しています。

ほんらいならこういう作業は、運送会社が自分で荷捌き場を確保して、そこでやるべきもの。つまり、業者が負担すべき荷捌き場確保のコストを、“違法駐車”“違法占拠”という形で、社会に転嫁しているということを意味します。個々の業者にしてみれば、こうすればコストダウンが可能でしょうが、社会全体で見れば、なにもコストの削減になっていません。

運転手がクルマのすぐそばにいるので、駐車違反の取り締まりもされないようですが、「すぐにクルマを移動させることができない」のは明白。きちんと取り締まりをして、業者に自らの荷捌き場で作業するように指導すべきです。

2006年8月10日 PM5:47 都内某所 携帯で撮影

作成者: GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください