都教委の懲戒処分は違法! 東京地裁が判決

国旗、国歌の強制を違法とした判決に、垂れ幕を掲げ喜ぶ原告団と支援者ら=21日、東京・霞ヶ関の東京地裁前〔共同〕

東京での「日の丸・君が代」強制で処分された先生方が訴えていた裁判で、東京地裁は、「懲戒処分までおこなって強制することは思想良心の自由を侵害する違法行為」「職務命令も違法」との判決を下しました。ヽ(^^@)/

当たり前のことだけれども、都教委の強制を明確に違法と断じたことは画期的。不当な処分に負けず、裁判でがんばった先生方に、心からの敬意を送ります。おめでとうございます。

国旗と国歌、義務でない 強制は思想良心の自由侵害(北海道新聞)
上の写真は共同通信

国旗と国歌、義務でない 強制は思想良心の自由侵害
[北海道新聞 2006/09/21 18:01]

 東京都立高校などの教職員401人が都と都教育委員会を相手に、入学式や卒業式で国旗に向かって起立し、国歌を斉唱する義務がないことの確認などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は21日、既に退職した32人を除く原告に国歌斉唱などの義務がないことを認め、斉唱しないことなどを理由とした処分を禁じ、都に1人当たり3万円の損害賠償も命じた。
 難波孝一裁判長は判決理由で「国旗に向かって起立したくない教職員や国歌を斉唱したくない教職員に対し、懲戒処分をしてまで起立させ、斉唱させることは思想良心の自由を侵害する行き過ぎた措置だ。国旗、国歌を自然のうちに国民に定着させるという国旗・国歌法の制度趣旨や学習指導要領の理念に照らし、斉唱などを強制する教職員への職務命令も違法」との判断を示した。
 原告のうち音楽教諭には、国歌のピアノ伴奏義務がないことも認めた。
 原告は都立高のほか、都立盲・ろう・養護学校の現・元教職員。
 判決によると、都教育長は2003年10月「国旗への起立や国歌斉唱の実施に当たり、各校長の職務命令に従わない場合は服務上の責任を問われる」との通達を出し、各校長は通達に基づく職務命令で、国旗への起立や国歌斉唱を強制した。

投稿日:
カテゴリー: 教育

作成者: GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

4件のコメント

  1. ニッパチさん、こんばんは。

    とりあえずニッパチさんのところへは、無事にTrackbackが飛んだことを確かめることができた訳で、ちょっと一安心。(^_^;)

    飛んだり飛ばなかったり、というのが一番困るんですよね。

  2. ピンバック: かわうそ実記
  3. ピンバック: 不条理日記

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください