中国・アフリカ首脳会議

前に読売新聞しか論評していないと書きましたが、日本経済新聞11月6日付朝刊にも論評記事が出ていました。

同記事によれば、会議へのアフリカ諸国の出席状況は次のとおり。

アフリカ53カ国のうち台湾と国交のある5カ国を除いた48カ国の代表が参加。首脳会議にはエジプト、ナイジェリアなど36カ国の国家元首と6カ国の首脳、1カ国の副首相が出席した。

で、面白いのは、次のくだり。

 中国のアフリカへの進出を「新植民地主義」とする米欧の批判について、エジプトのアブルゲイト外相は同日〔5日〕の記者会見で「完全な間違いだ」と否定した。

また、日経の記事は、「中国は1950年代以降、あらゆる分野でアフリカ重視の姿勢を示してきた」ことにも注目している。

投稿日:
カテゴリー: 中国

作成者: GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください