ここ数年のうちに水が流れた跡? 火星のクレーターで発見

NASAの観測で、火星のクレーターの内側で、ごく最近に水が流れた跡と思われる溝が発見されました。

NASAのページを見ると、この溝は1999年や2001年の写真には写っていません。これが本当だとすれば、ここ数年のうちに液体としての水が火星の表面に存在したという世紀の大発見になります。

↓これがNASAのホームページの記事。
NASA – NASA Images Suggest Water Still Flows in Brief Spurts on Mars

水が最近流れた跡か=火星クレーターで発見?米探査機(時事通信)

水が最近流れた跡か=火星クレーターで発見?米探査機
[時事通信 12月7日11時1分更新]

 火星の2カ所のクレーターで、水が最近地表を流れた跡とみられる溝が、米航空宇宙局(NASA)の探査機マーズ・グローバル・サーベイヤーの観測で発見された。水が氷や水蒸気ではなく、液体の状態で存在すれば、微生物が存在する可能性も高まる。同探査機のカメラを担当する米マリン・スペース・サイエンス・システムズ社が8日付の米科学誌サイエンスに発表する。

作成者: GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください