吉田秋生『蝉時雨のやむ頃』

吉田秋生『蝉時雨のやむ頃』(小学館)

吉田秋生というと、『BANANA FISH』『YASHA?夜叉?』などを思い浮かべる人が多いと思いますが、僕にとってはちょっと疲れる感じ。それより、吉田作品の中では傍流になるかも知れませんが、『河よりも長くゆるやかに』『夢みる頃をすぎても』の方が好きでした。

この『蝉時雨のやむ頃』も、いかにもという感じの青春物語。いろいろ悪戯はするけれど、とても犯罪はできそうにない、そんな悪ガキたちが登場し、ばたばた騒ぎは起こすけれど、ときどき、ふっと真面目なところも見せる。その緩急が自然なところがいいのです。

このお話は、さち姉と佳乃、チカの姉妹3人暮らしのところに、とつぜん腹違いの妹すず(中学生)がやってくる…、というもの。さち姉もタフだけれど、このすずちゃんもけっこう健気だし、サッカーが上手かったりします。姉妹が暮らす家が、鎌倉の古い家で、畳の茶の間にちゃぶ台が置いてあったりするのも、雰囲気あっていいですねぇ。(^_^;)

中学生のサッカーチームに入ったすずちゃんの学校生活をふくめ、この4人の暮らしがどんなふうに展開していくのか、楽しみです。

【書誌情報】
著者:吉田秋生(よしだ・あきみ)/書名:海街diary<1>蝉時雨のやむ頃/出版社:小学館フラワーズコミックス/定価:505円+税/ISBN978-4-09-167025-0

作成者: GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

2件のコメント

  1. #『河よりも長くゆるやかに』『夢みる頃をすぎても』

    そうそう。そうなんですよねー。
    これ新しいのですか?買ってみよう。

  2. Borderさん、お久しぶりです。

    今月出たばかりの最新刊です。ぜひどうぞ。(^_^;)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください