グッドウィルが特別損失37億円を計上、データ装備費返還で

人材派遣会社グッドウィルが、データ装備費などの名目で給料から天引きしていた額を返還するために、特別損失37億円を計上。

しかし、2年間というのは、あくまで労働者の側からの賃金請求権が認められる期間。2年以上前について何の問題もない、という訳ではありません。労働組合は過去10年間にさかのぼって支払うよう要求しています。

東京新聞:特別損失最大37億円に グッドウィルの人材派遣会社(東京新聞)

特別損失最大37億円に グッドウィルの人材派遣会社
[東京新聞 2007年6月21日 21時27分]

 訪問介護子会社コムスンで不正問題があったグッドウィル・グループは21日、人材派遣子会社「グッドウィル」で日雇い派遣労働者の給料天引き分の費用返還が必要となるため、最大で37億円の特別損失が発生すると発表した。
 介護サービスの全面撤退に加え、中核事業である人材派遣でも大幅収益減が避けられない見通しとなった。
 同社は、日雇い派遣スタッフが1日勤務するごとに「データ装備費」名目で給料から200円を天引きし、社で一括加入する民間保険料や安全装備の購入費の一部に充てていた。天引きする説明が不十分だったため返還することになった。
 返還対象は、労働基準法の賃金請求権がある2005年5月1日から07年4月30日まで日雇い派遣として就労した延べ80万人。グッドウィルは「早くすべての対象者に返還決定を連絡する」としている。(共同)

作成者: GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

1件のコメント

  1. ピンバック: 関係性

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください