参院選、有権者は何を選択したか(3)

昨日付「毎日新聞」朝刊の鳥越俊太郎氏のコメント。

 ――自民党の歴史的大敗をどう見ますか。

 鳥越 今回の選挙は安倍政権への審判ですよ。結果を、赤城さんの問題に矮小化してはいけない。安倍さんは「安倍をとるか、小沢(一郎民主党代表)をとるか」と有権者に迫ったわけです。その結果、国民の選択は小沢さんだった。常識的に考えれば、けじめをつけて退陣をした方がいい。こうしたリーダーとしての頼りなさに加えて、安倍さんが主張する憲法改正の危うさ、「成長(上げ潮)路線」重視だけで国民生活に気を配らなかったこと。自民党が負けた理由を挙げるとすれば、この3つ。

作成者: GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください