台風は関東を通過

台風9号レーダー画像(JWA 2007年9月7日 午前11時30分)

朝目が覚めたら「台風一過」…、とはゆきませんでしたが、台風9号は午前2時ごろ小田原に上陸。ということは、台風が一番酷かったときはひたすら寝ていたということになります。(^_^;)

電車が止まったり、多摩川が増水して避難勧告が出されたり、いろいろ騒ぎはあったようですが、とりあえず無事通過。お疲れ様でした。m(_’_)m

投稿日:
カテゴリー: 日記 タグ:

作成者: GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

2件のコメント

  1.  はじめまして。
     多摩川の中洲に取り残された人が救助されていました。最初は、釣りかレジャー客かなと見ていたのですが、中洲に小屋を建てて生活していた人のようでした。
     台風は天災ですが、その被害の現れ方は、社会の仕組みをはっきりと現しているようです。アメリカの「カトリーナ」の時もそうでしたが・・。

  2. まろさん、初めまして。

    ほんとにその通りです。
    河川の増水は予測されていたのですから、河原に暮らしている人たちに対して避難場所を確保して、事前に避難を促すべきでしょう。「ホームレス」であるとか「不法占拠」であるとか、いろいろ問題があったとしても、人命は別問題。そのあたり、日本社会でのこうした人々に対する「排除」は大きな問題だと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください