Daily Archives: 2004/07/28

西崎文子『アメリカ外交とは何か』

本カバー

西崎文子さんの『アメリカ外交とは何か――歴史の中の自画像』(岩波新書、2004年7月刊、本体780円)を読み終えました。アメリカという国の、独立以来の、とくに第5代ジェイムス・モンロー大統領がとなえた「モンロー・ドクトリン」いらいの外交のあり方がコンパクトにまとめられています。アメリカの孤立主義と理解されている「モンロー・ドクトリン」が、実は「西半球」(南北アメリカ大陸)はアメリカの勢力範囲だとして、ヨーロッパの干渉を拒絶するイデオロギーだったということがよく分かります。

また、「自由」の理想を世界中に広めるという“使命感”に燃えて、結局、武力をもちいて「自由」を押しつけるというアメリカ外交の逆説――。著者は、モンロー主義に始まり、第1次世界大戦のときのウィルソン大統領の外交政策、第2次世界大戦後の「トルーマン・ドクトリン」、さらにベトナム戦争、湾岸戦争、イラク戦争という歴史をたどりながら、アメリカ外交の分裂・矛盾を明かしてゆきます。
Read more »

手抜き番組…

TBSで今やっている「PQテスト」という番組ですが、まるっきり多湖輝さんの『頭の体操』のパクリです。

「同じ年、同じ月、同じ日に、同じ父親、同じ母親から生まれた2人の子どもがいる。しかも2人は双子ではないという。どういうことか?」という問題も、「ある検事には弟が1人いるが、その弟に聞くと『兄はケーキ屋だ』と答えたという。どういうことか?」という問題も、「兄弟2人で、ケンカしないように、ビスケットを2つに割って分ける方法は?」という問題も、全部、『頭の体操』にある問題です。でも、ビスケットいうのは、2つに割って食べるには小さすぎるように思いますが…。『頭の体操』では、大きさの違う2つのコップにジュースを等分するという問題だったような気がします(2つ目の「検事」というのも、別の職業だったように思うけど)。

こんなパクリ番組作っていいんでしょうかねえ…。

女性を対象に「人口・家族・世代」世論調査

毎日新聞社が、第1回「人口・家族・世代世論調査」を実施。

<女性の意識>子どもは2人が理想 生涯独身でもかまわない(毎日新聞)
Read more »

1億円使ったかどうかまだ分りませ?ん

日歯連からの献金1億円が政治資金収支報告書未記載だった橋本派ですが、収入については訂正したものの、支出については、いまもって使ってしまったのか、手つかずのまま残っているのかさえも分らないという状態です。

帳尻合わせ?日歯連献金、2派閥9氏が収支報告書訂正(読売新聞)

それにしても、政治資金収支報告書については、繰越金の額が本当にあっているかどうか、資金残高の確認は必要ないとのこと。団地の自治会の会計報告だって、そんな杜撰な報告は通用しません。

Read more »

再び中国で旧日本軍の遺棄化学兵器による被害

また、中国で、旧日本軍が遺棄した化学兵器による中毒事件が発生しました。

旧日本軍化学兵器で男児2人負傷=液体に触れ中毒症状―中国吉林省(時事通信)

少し前に、NHK(だと思う)の特集番組で、旧日本軍の毒ガスが浜名湖に遺棄されていたことが取り上げられていましたが、実は戦後すぐに、そうした遺棄毒ガスが岸に打ち上げられ、被害が生まれていたのです。そのとき、政府が本腰を入れて、海外を含めた毒ガス遺棄の状況を調査していれば、こうした問題はもっと早く解決していたかも知れません。
Read more »

強要された経験

女子高校生の5%は、セックスを強要された経験のあるという調査結果が出ています。相手の男はというと、恋人36%、知り合い35%、友だち30%。「未遂」13%を含めれば、およそ5人に1人は、望まない形での性行為を強要された経験をもっているということになります。

前に、『少女たちはなぜHを急ぐのか』(高崎真規子著、NHK出版生活人新書)の感想として、「こんなに愛してくれるなら、申し訳なくて」など、“受け身”のsexが多いと書きましたが、そのことを考えると、その周囲には「セックスを強要された」という自覚のないまま、受け入れてしまっている生徒もかなりいる可能性があります。また、男の側の「強要した」ことについての調査・研究ということもますます必要ですね。

たとえ恋人同士であっても、望まない性行為の強要は「性暴力」だ――このことを、女性も男性も明確にすることが大切です。

<高校生性暴力被害>強要された経験ある女子は5%(毎日新聞)
Read more »

引っ越し

ギラギラ青空暑いよ?

電気とガスも、引っ越しの連絡完了。電気のアンペアを上げる作業も、30日にできるので、とりあえず引っ越しに必要な切り替えは、全部30日に完了する予定。あとは無事ADSLの工事が終わることを期待するのみ。

ADSLといえば、わが家は、電話局から道なりで2030mなのに、12Mbpsのコースで精々5Mbpsぐらいしか出ません。“理想的”なグラフだと、局から2Kmで8Mbpsぐらいは出るように書いてあるんですけどね…。最近は、夜中に、しばしば通じたり通じなかったりすることがあるし。こういうところが、ADSLの一番不便なところです。