民主党岡田代表、自衛隊の海外での武力行使容認

日本の民主党代表の岡田克也氏が、アメリカで、自衛隊の海外での武力行使を認める方向で憲法改正を目指すことを表明。

自衛隊武力行使を容認 岡田代表米で講演(東京新聞)

自衛隊武力行使を容認 岡田代表米で講演

 【ワシントン=佐藤圭】民主党の岡田克也代表は29日午後(日本時間30日未明)、ワシントンのリー・ハミルトン元下院外交委員長主催の昼食会で講演した。
 岡田氏は日本の国際貢献の在り方について、憲法を改正した上で、国連安保理の明確な決議があれば、国連の集団的安全保障活動の枠内で、海外での自衛隊の武力行使を容認する考えを打ち出した。
 その一方で、憲法が禁じる集団的自衛権の行使については「日本には集団的自衛権の行使を広く認め、自衛隊が米軍との共同した軍事力行使を世界中で行えるようにすべきだとの意見もあるが、私は反対だ」と表明した。
 イラクへの自衛隊派遣について、岡田氏は「われわれは、イラク戦争に反対した。自衛隊がイラクにとどまっていることは、海外での武力行使を禁じた憲法との関係で問題がある」と、自衛隊の撤退を求めている民主党の考え方を説明した。
 ブッシュ政権の単独行動主義に対しては「世界のリーダーである米国がより寛容であり、謙虚であることを期待したい。イラク戦争は一つの反省材料とすべきである」と外交政策の転換を促した。
 国連改革については、日本が国連安保理の常任理事国入りを目指し、日米が中心となって改革を進めるべきだと訴えた。[東京新聞 2004/07/30 朝刊]

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">