アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

米軍ヘリ墜落事件 やっぱり放射性物質が…

2004年9月21日 at 15:42:14

帰省中で見逃していましたが、沖縄の墜落した米軍ヘリには、微量ながら放射性物質が使われていたことが明らかになりました。

墜落ヘリに微量放射性物質 米軍が大学側に説明(共同通信)

「しんぶん赤旗」によれば、その物質はストロンチウム90で、ヘリの回転翼の亀裂・劣化をパイロットに警告する安全装置(6個)に使われていて、1個が未回収だということです。事故直後に、米軍が害がーカウンターを使って現場を調べていたのは、これだったんですね。

なお、沖縄県は、16日、現場の土壌調査の結果、「異常は認められなかった」としています。

墜落ヘリに微量放射性物質 米軍が大学側に説明
 沖縄県宜野湾市の沖縄国際大構内に米軍ヘリコプターが墜落した事故で、米軍は3日までに、同大に対し、機体の一部にベータ線を出す放射性物質が使われていたことを伝えた。
 同大によると、米軍は「低濃度の放射性物質が機体の安全装置に使われていた」と説明したが、詳細なデータについては「微量で、自然界に存在するものと変わらない」とするだけで、放射性物質の種類も含め明らかにしなかった。
 米軍側は、安全装置は機体の氷結を調べるためのものと説明し、「一般の航空機に搭載されているものと同種」としている。また機体のバランスを取るために、劣化ウランが機体の一部に使われていたのではとの指摘には「タングステンが使われていた」と否定した。(共同通信) – 9月3日11時2分更新

Similar Articles:

Tags: ,

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

One Response to “米軍ヘリ墜落事件 やっぱり放射性物質が…”

  1. 相次ぐ沖縄での米軍機事故

    ヘリ墜落に怒っている沖縄で、上空で米軍戦闘機「F-15」2機が空中衝突したというのです。軍隊というのは本当に危険と隣り合わせ、軍隊こそが危険を運んでくるんだ、と…

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2004/09/21154214/trackback/

Leave a Reply