アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

ビックカメラが「残業代不払い」の疑いで東京労働局の捜査受ける

2004年11月25日 at 19:56:59

ビックカメラが、時間外賃金不払い(いわゆる「サービス残業」)を行なっていた疑いで、東京労働局の捜査を受けました。

容疑の対象は、池袋店のフロア責任者1人だけのようですが、「1人だけ」のはずはないので、徹底した査を望みたいと思います。また、フロア責任者というと、普通は“売り上げノルマを達成するためには何でもやるのが当然”と思われがちですが、そうやって「サービス残業」させるのは違法だということが、あらためて明確にされたというのも重要な点でしょう。

ビックカメラにサービス残業の疑い・東京労働局捜索(NIKKEI NET)

ビックカメラにサービス残業の疑い・東京労働局捜索

 家電量販店大手のビックカメラ(東京)が時間外賃金を支払わずに従業員にサービス残業をさせていた疑いが強まったとして、厚生労働省の東京労働局は25日、労働基準法違反容疑で同社の家宅捜索を始めた。同労働局はサービス残業が組織的に常態化していた疑いがあるとみて、証拠を裏付ける書類などを押収、実態解明を急ぐ。
 捜索を受けたのは東京都豊島区の本部と、都内の3店舗の計4カ所。
 同労働局によると、同社の池袋店のフロア責任者の男性従業員が、2002年11月から03年9月までの間に支払われるべき残業代約250万円が払われなかったとして、同社を労働基準監督署に告発。監督署が昨年、今年と2回にわたって店舗を立ち入り検査し、是正指導したものの改善がみられなかったという。このため同労働局は同社のサービス残業が悪質で、全社的かつ恒常的に行われていた疑いがあるとみて、強制調査に踏み切る必要があると判断した。
 家宅捜索について同社は「コメントできない」としている。ビックカメラは1978年創業。従業員数は約2800人で、首都圏を中心に店舗を全国展開している。 (13:19)

Similar Articles:

Tags:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2004/11/25195659/trackback/

Leave a Reply