Daily Archives: 2004/12/07

こんどは亜細亜大野球部員がJR内で集団痴漢

国士舘大サッカー部員の事件に続いて、こんどは亜細亜大の野球部員5人が、JR電車内で集団痴漢の現行犯で逮捕されました。

別に大学運動部の学生だけが「アホ」だとは思いません。問題は、いまどきの学生、若者の「性」にたいする意識をここまで歪ませたものは何か? ということ。僕は、別に性的表現を取り締まれと言うつもりはありませんが、青少年の目に簡単に触れるところに、こうした画像・映像が野放しになっている現状は、絶対にあらためていく必要があります。

追記:
12月27日、地検は、この事件については5人全員を不起訴とし、主犯格とされた1名についてのみ別件で起訴しました。したがって、今回の事件は“見込み捜査”による誤認逮捕だった可能性があります。→亜細亜大野球部員不起訴、主犯格1人別件で起訴

電車内で女性にわいせつ未遂、亜大野球部員5人逮捕(読売新聞)

Read more »

さて、アホは誰か?

麻生総務相が、定率減税縮小にたいし「同じことを2度やったらアホ」と批判したと報道されています。

1997年に、橋本内閣が消費税増税などをやろうとしたとき、「9兆円の負担を国民に押しつけるもの」と批判したのは日本共産党不破委員長(当時)でした。そのとき、“聞く耳持たぬ”と頑なに増税・負担増路線を突き進んで、回復し始めていた景気をどん底に落としたのは、当の自民党でした。

それとは別に、定率減税廃止をぶち上げた政府税調の石会長は、財政学界で何の学問的権威も業績もない「アホ」です(昔、先輩から「石先生に財政学を勉強したなんて言ったら、バカにされるぞ」と言われました)。

「同じことやったらアホ」総務相、定率減税縮小に慎重(読売新聞)
Read more »

在日米軍再編、来年2月にも「戦略合意」へ

米大統領選のため一時中断していた在日米軍の再編問題ですが、来年2月に日米安全保障協議委員会(2+2)での「戦略合意」にむけて動き始めました。

「戦略的合意」なんて言ってますが、要は、米軍基地をどこに移転させるかという議論から入ると、移転先の反対が起こるので、具体的な移転計画を後回しにして、まず米軍の世界的再編の方向をまず両政府で確認し、日本政府の協力を約束するところから始めようということです。

アメリカに、在日米軍基地の「価値」を高く売りつける絶好のチャンスなんですが(――もちろん僕は、そんな「高く」売りつけるより、米軍に出ていってもらった方がよっぽどいいと思ってますが)、すすんで対米協力を謳うところから始めようというのですから、日本政府にはそんなつもりはさらさらないようです。

在日米軍再編、2月にも「戦略合意」(NIKKEI NET)
Read more »

自民党が首相をトップにした憲法改正協議機関を設置へ

いよいよ自民党をあげて、改憲案づくりに取りかかるつもりのようです。

自民党、憲法改正検討へ首相トップの協議機関設置へ(NIKKEI NET)
Read more »

訪中したドイツ首相、数十億ドルの対中投資で合意

ドイツのシュレーダー首相が訪中し、鉄道、金融分野などを中心に数十億ドルの対中投資の合意を結びました。この背景には、イラク戦争開始にあたって中国、ドイツ両政府がとった態度に現われたように、「双方は重要な国際問題の見方はほとんど同じ」(独シュレーダー首相)という立場があります。
首脳同士が相互に訪問できる関係があると、こういうふうに経済交流もすすむという証明でしょう。日中関係は、靖国問題だけでなく、日本政府のアメリカ追随の立場でも違いを見せています。「政冷経熱」と言われていますが、「政冷」のままでは、経済への影響もまぬかれません。さて、日本政府と日本経済界はどうするつもりでしょうか?

ドイツ、中国に数十億ドル投資へ・独首相が調印(NIKKEI NET)
Read more »

世界人口の半数が1日2ドル以下で生活

ILOは、2003年時点での推計として、世界の労働人口の49.7%は1日2ドル(約200円)以下で生活していると発表しました。同時に、世界の失業者は1億8000万人余り、失業率は6.2%と推計しています。

世界人口の半数、1日2ドル以下で生活/ILO(NIKKEI NET)

ILO:世界の失業率は6.2% 世界雇用報告(毎日新聞)

Read more »

ニコール・キッドマンのCHANEL No.5のCFがネットで見れる!

ニコール・キッドマンのCHANEL No.5のCFがネットで見れます!

この情報は、さちさんのamapola:rodrigo santoroから教えていただきました。m(_’_)mアリガトゴザイマシタ オーストラリアで放映されたCMのようです。

Read more »