アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

Archive for “2004年12月19日”

超便利なパソコン内検索ソフト

2004年12月19日 at 16:15:45

MicrosoftやGoogle、Yahooが、各自のパソコンのハードディスク内を検索するソフトを公表するというので、にわかに話題になっています。

PC内検索、米3社が攻勢 日本語版ソフトも提供へ(朝日新聞)

しかし、同じようなソフトはすでに国内でも販売されています。

僕が使っているのは、VZエディターでお馴染みのVillage Center社のSerach Cross ver2.0というソフト。テキストファイルだけじゃなく、メールの中身やリッチテキスト、Microsoft Officeファイル、一太郎、Adobe Acrobat文書なども検索してくれる便利なソフトです(ダウンロード版 2100円)。

Read the rest of this entry »

内田光子/シューベルト:ピアノ・ソナタ集、発売!

2004年12月19日 at 15:18:34

CDジャケット

内田光子さんのシューベルト:ピアノ・ソナタ・チクルスが8枚組みCD+ボーナスDVD付きで発売されます。

僕は、このシリーズで、初めてシューベルトのピアノ曲の思想性、奥深さみたいなものを感じました。

すでに全部持っているとはいえ、ボーナスDVDがほしい… (^^;)

【本日のBGM】Mitsuko Uchida/Franz Schubert Piano Sonata No.16 in A minor, D.845 & No.9 in B, D.575/1998/PHLIPS 289-462-596-2
Read the rest of this entry »

Tags: ,

ガザ撤退計画に進展か?

2004年12月19日 at 13:27:26

イスラエルの最大野党労働党が、シャロン首相の与党リクードとの連立に同意しました。シャロン政権は、ガザ地区撤退計画を発表してから連立与党から右派諸党が離脱し、少数政権に転落していました。

ガザ撤退を支持する労働党との連立で、政権基盤が強化され、撤退計画が進展する可能性もあります。しかし、どこまでイスラエルの軍事強硬路線に歯止めがかかるのか、過大な期待は禁物かも知れません。

イスラエル労働党、連立に同意 ガザ撤退計画に弾み – asahi.com

Read the rest of this entry »

Tags:

米、北朝鮮の体制打倒を目指さず

2004年12月19日 at 13:18:24

2期目を目指すブッシュ政権が、対北朝鮮政策の基本路線として、金正日体制の転覆をねらうのでなく、現体制の継続を前提とした「体制変革(レジーム・トランスフォーメーション)」を目指す方針を固め、北朝鮮、韓国には通告済みだと、朝日新聞が報じています。

外交交渉である以上、相手国の体制転覆を方針にしたのでは交渉になりません。その意味でアメリカ政府の方針転換は当然のことといえますが、それによって、一部の政治家やメディア、評論家の“北朝鮮をぶっ潰せ”と叫べばいいみたいな論調の道理のなさが、あらためて示されたとも言えます。

ブッシュ政権、金体制の転覆目指さず 北朝鮮に伝達(朝日新聞)
Read the rest of this entry »

だからミサイル防衛システムなんて、そんなにうまくいかないんだって

2004年12月19日 at 12:49:50

ブッシュ政権が2004年内の実戦配備を目指していたミサイル防衛システムですが、15日に地上配備型迎撃ミサイルの飛行実験に失敗。その結果、同システムで初の実戦配備を目指していたアラスカ州フォートグリーリー基地の地上配備型迎撃ミサイル六基の稼働が来年にずれ込むことが明らかになりました。

米ミサイル防衛、稼働は来年にずれ込み・米軍スポークスマン(NIKKEI NET)
Read the rest of this entry »