「オールド・ボーイ」

オールド・ボーイ

先週見てきた映画です。結論からいうと救いようのないお話。主役のチェ・ミンシクだからこそ作れた作品です。

突然、訳も分からずに15年間監禁されるなんていう荒唐無稽のストーリーも、チェ・ミンシクの演技を見ていると、納得させられてしまいます。殺しても飽き足らないような人への復讐その他、依頼に応じて、人を監禁する“商売”という設定が、そもそもぶっとんでいて、面白かったです。

チェ演じる主人公オ・デスとからむ女の子ミド役がカン・ヘジョン。ハイティーン雑誌のモデル出身というだけあって、なかなか魅力的でした。また、敵役のユ・ジテは、「アタック・ザ・ガス・ステーション!」(1999年)で話題になった俳優ですが、僕には、2000年の「リメンバー・ミー」(2000年)や「春の日は過ぎゆく」(2001年)でイ・ヨンエと共演した、優しく、おとなしい役柄が印象に残っています。

オールド・ボーイオールド・ボーイ

ところで、なぜ15年間も監禁されたのか?という、この映画一番の“謎”ですが、「そこまでやるか?」というのが率直な感想。途中から、こうなったらこう切り返し、そうきたらこんどはこうやって…と、どんどん設定が深みにはまってしまう訳ですが、それでも見てられるのは、やっぱりチェの演技力ということでしょうか。

公式サイト

【映画情報】監督・共同脚本 パク・チャヌク/原作 土屋ガロン、嶺岸信明/出演 チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン/2003年 韓国

Similar Articles:

Leave a comment ?

10 Comments.

  1. TBありがとうございました。
    自分はまだ映画の方は見ていないのですが、
    1行目の「結論」はネタバレではないでしょうか・・?
    漫画の方とは全然違う設定なので、パッと拝見して、
    しまった!!と思いました。
    一言注意書きがあれば、良かったかと。
    早く映画の方見て来ます。

  2. そーれりぽーと - trackback on 2005/01/09 at 18:18:14
  3. 俺とJ - trackback on 2005/01/10 at 01:00:21
  4. たびびとの部屋 - trackback on 2005/01/10 at 15:24:10
  5. 初めまして。TB頂きアリガトウございます☆ワタクシは韓国映画経験は「シュリ」ぐらいしかなく、知識浅い上に、原作も読んだことがなく、口コミのみでの来場だったのですが、すっかり本作の虜になってしまいました。
    チェ・ミンシク氏の鳥肌が立つような演技力も勿論、カット割、演出、美術どれを取っても、この映画に必要なモノが、的確にそこにあり、ビルの天辺での犬男ネクタイぶら下げシーン以降、わずかも現実に引き戻されることなく、ラストを迎えました(*^_^*)パク・チャヌク監督の他の作品もですし、ユ・ジテ氏の他の演技も興味深いので、これを機会に韓国映画を観て往きたいと思いました☆

  6. 韓国CMを見よう!韓コマ!! - trackback on 2005/01/22 at 16:37:36
  7. 先日お伺いした者ですが、映画の方見て参りました。
    おっしゃるように、演技・演出・映像の凄まじさ、完成度の高さにぐいぐい引き込まれてしまって、筋や結論を全部知っていてもなお、メチャクチャ面白かったです。
    そして、これを見た後では原作の面白さがすっかり色褪せてしまいました。
    同じエピソードを使って、全く別の映画を作り上げた監督の手腕に脱帽です。
    韓国でこのタブーがもたらした衝撃は、日本とは比べようもないくらい大きかったのではないでしょうか?
    こんな作品を産み出すことが出来るとは、韓国映画へのイメージが180度変わりました。
    私も今後、チェックして行きたいと思います。

  8. 京の昼寝〜♪ - trackback on 2005/02/12 at 23:38:29
  9. ひらりん的映画ブログ - trackback on 2005/05/17 at 00:47:31

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackbacks and Pingbacks: