アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

阪神大震災から10年

2005年1月17日 at 01:29:13

阪神大震災から10年ということで、テレビでも新聞でもさまざまに取り上げられています。私は、あの日、朝7時のニュースで目を覚ましてから昼過ぎに実家と電話が通じるまでの、胸のつぶれるような感覚をいまでも忘れることができません。

目覚まし代わりのラジオのニュースの、神戸で大きな地震があったというニュースで目を覚まし、すぐにテレビをつけました。そのときは、大阪からの情報がようやく入り始めたばかりといった頃で、神戸の実情は分かりませんでした。そのうち、「阪神高速道路が倒れている」というニュースが入ってきて、アナウンサーが「これは、高速道路からすべりおちたタクシーの運転手さんが電話してきたということです」と言いながら、“そんなことがあるんだろうか”という顔つきでニュースを読み上げていたのをいまでも覚えています。

実家に何度も電話をかけましたが、まったく繋がりませんでした。テレビでは、「輻輳しますから、電話はひかえてください」と言っていましたが、そのときは“親が無事かどうかも分からないのに、そんなことは知るもんか”というのが正直な気持ちでした。

アパートにいても何も分からないので、そのままとりあえず出勤しました。職場についてからも実家に何度も電話しました。その横で、みんなはテレビを見て、「これはひどいねえ」などと言っていましたが、そのときの僕には、そうした言葉さえ恨めしく聞こえました。結局、昼過ぎに電話が通じて、「家はなんともないよ」と言われ拍子抜けしましたが、それまでの締め付けられるような気持ちは、いまでも忘れることができません。

僕も、それまで、大きな地震災害などをテレビで見たときには、「大変だなあ」「かわいそうに」と思っていましたが、それは、遠くのどこか知らない街で起こった大変な災害でしかありませんでした。自分の知っている街がつぶれ、燃えているのを見るというのは、それとは全く違う出来事だということをつくづく実感しました。

その他にも、神戸の震災では忘れられないことがたくさんあります。

震災後1週間してから現地の応援に戻りました。実家が無事だったので、現地で中古の自転車を手に入れて、毎日、実家から、その当時JRが西から復旧していた須磨駅まで電車で行き、そこから自転車で神戸に通いました。須磨駅前の国道2号線は歩道がガレキで埋まり、車道の端をたくさんの人が歩き、その隣を僕を含め自転車で被災地に向かう人たちが走り、さらにその内側をバイクが、そして真ん中を自動車が、被災地を目指して東へ、東へと、ほんとうにたくさんの人が通っていました。お年寄りがいたり、子どもがいたり、ヤンキーの兄ちゃんがいたり、ほんとにいろんな人が食料や水などの荷物を担いで、いっせいに被災地を目指していきました。それは、“ああ、こうやって被災地はささえられてるんだな”と思うような光景でした。

地震後10日ほどたって水道が復旧したとき、みんなの顔がホッと緩んだことも忘れられません。それまでトイレが流せないので、みんな口には出さないけれど我慢していたのです(僕もそう)。それが、今日からは自由にトイレに行ける! そう思うだけで、本当に気持ちが緩みました。

それから、現地から東京に戻ってきてからのことですが、ホームで電車を待っていると普通に電車が入ってくるのが、しばらくの間、不思議でしかたなかったことも覚えています。被災地の中では、市役所まで行って帰ってくるだけで1日がかりでした。どこへ行くにも自転車か歩くか、ともかく時間がかかりました。しかし、梅田まで出れば、電車も地下鉄もバスも動いているし、地下街をミニスカ、ハイヒールのお姉ちゃんが闊歩している。その“落差”も忘れられない体験でした。

あれから10年。復興と追悼という言葉では表せない現実があると思います。復興と称して、高層ビルが建ち並んでいく神戸の街は、昔に比べると、冷たく感じられます。

あらためて、震災で亡くなられた方のご冥福を祈るとともに、被災されたすべての方へにお見舞いの言葉をおくります。

Similar Articles:

Tags:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

23 Responses to “阪神大震災から10年”

  1. 阪神・淡路大震災10年に寄せて。

    兵庫県一帯、大阪府を中心に甚大な被害をもたらした、阪神・淡路大震災から間もなく10年が経とうとしてい

  2. 初めまして、Tandoと申します。
    トラックバックありがとうございました。

    >復興と称して、高層ビルが建ち並んでいく神戸の街は、昔に比べると、冷たく感じられます。

    とのお言葉が心に残りました。

    域外に住む私としては、かつて以上の繁栄を取り戻して欲しい、と願う一方で、復興の有様には何所か無機的な印象を禁じ得ない部分も、胸中にはありました。
    地元出身の方(…でよろしいのでしょうか)も、そう感じておられるのですね。

  3. 始めまして。TBありがとうございます。

    当時のことは今でもありありと記憶に残っています。
    書かれておられるように 梅田に出たらぜんぜん普段と変わらない風景が当たり前のようにあって
    とても不思議な感覚にとらわれました。

    被災地のみなさんの受けた傷はとてつもなく大きなものですね。
    ダンナの実家が神戸市にあるのでよく出向きますが
    繁華街だけではなくて 人々が住む町も活気付いて欲しいと思いますね。

  4. 阪神大震災から10年

    あの阪神大震災から10年もたった。20代で両親の喪主をしてから早くも10年たったのだ。この10年間は時間の過ぎるのがとても早かった。10年たった今でも、あの時の…

  5. 阪神大震災?10年

    今日で震災から10年。 まず「今日生きている事に感謝したい」です。 関西では連日

  6. おはようございます!
    初めまして「ブログ難破船」のだいっけと申します、
    TBありがとうございました。

    震災当日、
    隣の大阪ですら普通の日常で、すごく違和感がありました。
    今も各地で自然災害が多発していますが、防災や、助け合いの意識はしっかり持っておこうと思います。
    今後も、このような災害が起こらないように願うばかりです。

  7. 阪神大震災から・・・

    今日は阪神大震災から10年です・・・
    10年前の今日、私は今と同じ大阪にいました。
    マンションの5階に住んでいたのですが、
    朝方地震が来る数秒前に起きたの…

  8. 初めまして、よろしくお願いします。
    TB有難うございました。

    あの時は、水が全然なかったですよね。
    水道管が破裂したとこから汲んだりしているのを、
    テレビで見てました。
    それに火事が発生しても水が無くて消せないという苛立ちも
    ありましたね。
    やはり水は人間にとって大切な物だと思いました。
    都市化していくと、人とのつながりが薄れていきそうですよね。
    そうなると意味ないですね・・・・・

  9. あれから10年ですね。

    今日17日は阪神淡路大震災が起こった日です。あれから10年ですね。当時の僕は、体調不良で入院していたので、ベットの上で寝ていました。朝早くに何気に目が覚め、そし…

  10. 1月17日 あれから10年

    # ちなみにちまきは名古屋在住です

    前日の16日は大阪南港ATCにてイベントに参加していました。そのまま日帰りして翌17日は仕事だったのですが…
    朝、ま…

  11. 阪神淡路大震災から10年

    あの大変な被害をもたらせた阪神淡路大震災から10年。
    地震が起こった10年前の1月17日の5時46分、私は自宅のベッドの上にいました。
    いつもなら朝まで爆睡…

  12. 10years from that

    震災から10年経ちました。 あの頃大学生だった私は、東京に住んでいました。 震災のあった朝に大学の先生や友達に、「神戸で地震があったぞ。お前の家大丈夫か?」と言…

  13. 復興の陰に課題 阪神大震災から10年

    復興の陰に課題 阪神大震災から10年
     6433人が死亡した阪神大震災から17日で10年となり、大きな節目を迎えた。がれきの山と化した神戸市には再開発ビルが立…

  14. 神戸〜父から教えてもらったこと

    10年前、1995.01.17阪神淡路大震災の当日の朝・・・「神戸に行くぞ!」という父の声で目覚めました。わけのわからない僕にTVをつける父。
    倒れた阪神高速…

  15. 阪神大震災〜10年目〜

    もう10年を迎えたのか…阪神大震災。そんなに月日が経った気がしないのは何故だろうか。なんだか不思議。我が家は木造で、隣近所から火が出ていたら一貫の終わりであった…

  16. 阪神大震災

    1995年1月17日(火)AM5:46あの日から10年がたったんですね。その時私は妊娠7カ月目に入ってました。私は大阪なので神戸の様な被害はなかったというものの…

  17. 阪神淡路大震災−それぞれの10年−

     阪神淡路大震災。  それぞれの思いを胸に、今日という日を迎えました。  本日は、そうした皆様の想いを、まとめてみました。  あの日、あの時、あの場所で、何が…

  18. 10周年。

     10年前の今日。1995年1月17日。阪神・淡路大震災がありました。生活の全てがひっくり返る、大きな出来事でした。当時も私は神戸に住んでいたので、それなりに被…

  19. 117

    こんにちは。ゴリサです。
    TBを辿って来て下さった方が多くいらっしゃると思います。
    コメントも残さずにTBしてしまい、申し訳ありませんでした。
    しかも、な…

  20. ゴリサです。早速お返事ありがとうございました^^
    また、ちょくちょく覗かせていただきます!
    ウチにもいらしてくださいんね☆

  21. 一日経って。

    昨日、東遊園地の「1.17のつどい」に 参加してきました。 ワタシ自身、地元にいた頃だったので 被災経験はありません。 こちらに越してきて 今身近に…

  22. TBとコメント、ありがとうございます。
    また覗かせていただきます。
    よろしくですー。(^o^)丿

  23. 阪神淡路大震災と「アスベスト」

     「クボタ」の兵庫県尼崎市の旧神崎工場に端を発したアスベスト問題ですが、よく考えると人ごとではないかもしれない。
     「阪神・淡路大震災」被災者の皆さん憶えてお…

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2005/01/17012913/trackback/

Leave a Reply