もったいない… ハッブル望遠鏡廃棄へ

ハッブル宇宙望遠鏡が、老朽化のため、廃棄されることになります。米議会が、2006会計年度のハッブル望遠鏡延命措置に必要な予算を予算案から除外したため。

人工衛星に乗せられて宇宙空間に浮かぶ天文台として、地上では不可能な観測や、星雲などの超微細な構造まで撮影してきたのですが…。もったいないですね。

ハッブル望遠鏡、米が廃棄へ…太平洋上落下の割安策で(読売新聞)

ハッブル望遠鏡、米が廃棄へ…太平洋上落下の割安策で

 【ワシントン=笹沢教一】米議会筋は21日、部品の消耗などで存続が危ぶまれるハッブル宇宙望遠鏡の延命措置を講じる飛行計画が、2006会計年度(2005年10月―2006年9月)の予算案から外され、廃棄される見通しになったことを明らかにした。
 来月7日の予算教書の議会送付に合わせて、米航空宇宙局(NASA)が方針を発表する。
 議会筋や関係者によると、延命措置の代わりに、ハッブルを安全に太平洋上に落下させるため、制御用噴射装置を取り付ける飛行任務の関連予算が盛り込まれる。延命措置とは異なり緊急性がなく、改修ロボットを搭載したロケットの打ち上げなどに比べ、予算も抑えられるという。
 ハッブルの延命については、「シャトルによる有人飛行で改修し、存続させるべきだ」との意見が議会や専門家から出されていた。
 当初、延命に消極的だったNASAも方針を変更。通常より遠い軌道への飛行となり乗組員の安全が確保できないシャトル飛行の代わりに、ロボットを使用した無人改修を計画していたが、この代案もコストがかかるとして見直された模様だ。[読売新聞 1月22日19時53分更新]

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">