アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

「9条変えたら憲法は死滅する」黒木和雄監督が講演(宮崎)

2005年2月1日 at 14:45:09

各地で「九条の会」がつくられ、活動を始めていますが、29日、宮崎で「みやざき9条の会」の発足会で、映画「TOMORROW/明日」「美しい夏キリシマ」「父と暮らせば」の黒木和雄監督が、中学時代の戦争体験をまじえて、「9条を変えたら憲法は死滅する」と訴えかけました。

憲法:「9条変えたら死滅する」黒木和雄監督が講演??「九条の会」発足記念/宮崎(毎日新聞)

※たぶん地方版だけの記事なので、貼り付けておきます。

憲法:「9条変えたら死滅する」黒木和雄監督が講演??「九条の会」発足記念/宮崎

◇えびの市出身・黒木和雄監督、みやざき九条の会発足記念で

 えびの市出身で、映画「美しい夏キリシマ」などで知られる黒木和雄監督(74)が29日、宮崎市民プラザで講演した。憲法9条を守ろうと運動する「みやざき九条の会」(代表世話人=藤原宏志・元宮崎大学長ら3人)の発足記念。自らの戦争体験や映画に込めた思いを話し、平和を訴えた。会場のオルブライトホール(500人収容)は満席になった。
 「爆撃のごう音と土煙が辺りを包んだ。顔を上げると友人の頭が真っ二つに割れていた。全身が凍り付くような恐怖を感じて無我夢中で走った。気が付くと返り血を浴びた女子学生たちと、防空ごうで震えていた」
 講演で黒木監督は、中学時代の戦争体験をこう振り返った。都城の航空機工場に動員されていた1945年5月8日のこと。空襲で友人を失い「介抱もせず逃げた自分に優しさやヒューマニズム、戦争を語る資格があるのかと思ってきた」と語った。
 「TOMORROW/明日」「美しい夏キリシマ」「父と暮せば」の戦争レクイエム3部作は、日常を舞台に描いた。その理由について「戦争の本当の恐ろしさは戦場ではなく、真綿で首を絞められるような日常生活にある」からだと話した。
 自衛隊イラク派遣や改憲問題にも触れ「傍観してきたことに悔しさを感じる。9条を変えたら憲法は死滅する」と護憲の大切さを訴えた。
 黒木監督の戦争レクイエム3部作は2月12、13日、「えびの映画祭」(えびの市文化センター)で上映される。【佐藤恵二】
[毎日新聞 1月31日朝刊 1月31日17時50分更新]

Similar Articles:

Tags:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

3 Responses to “「9条変えたら憲法は死滅する」黒木和雄監督が講演(宮崎)”

  1. 祈りをこめて

    昨年の僕が観た映画の中で邦画のベスト1に上げた作品『父と暮らせば』。
    この映画の監督である黒木和雄氏(74)が、10日、広島市中区・平和記念公園に立つ「原爆の子…

  2. 暮しの手帖〜「父と暮らせば』

    暮しの手帖から。。。 『暮しの手帖」は、戦争の愚かさ。悲惨さを伝え、平和の、暮しの大切さを願ってきました。 今年は戦後60年。昨年のイラクへの自衛隊派遣をは…

  3. 「父と暮せば」の黒木監督、最期の作品を撮り終えて・・・

    「黒木監督の熱さ、優しさ、強さがいっぱい詰まった『父と暮せば』は私にとって大きな

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2005/02/01144509/trackback/

Leave a Reply