アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

ニッポン放送の新株予約権の発行についての村上ファンドの見解

2005年2月27日 at 01:46:21

村上ファンドが、ニッポン放送の新株予約権の発行について見解を発表しましたが、微熱日記:村上ファンドの見解を見て、その内容がきわめて妥当なものだということがよく分かりました。

実際、こういう新株予約権が、株主総会の決議なしに、特定第三者に対して安価に発行できるとしたら、経営陣を握っていれば何でもあり、ということになってしまいます。また、TOBの最中に、株価に重大な影響を与えるようなことを決定していいのか?という指摘も、至極真っ当なもの。

ライブドアの時間外取引を問題視するなら、こっちも問題にすべきでしょう。

M&Aコンサルティング「ニッポン放送の新株予約権発行に対する当社見解」(PDFファイルが開きます)

Similar Articles:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

One Response to “ニッポン放送の新株予約権の発行についての村上ファンドの見解”

  1. 会社は誰の物

    今日、朝からテレビで例の如くニッポン放送問題が取り上げられておりちょっと気に障る…

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2005/02/27014621/trackback/

Leave a Reply