盧武鉉大統領の国会演説

韓国国会で演説する盧???大統領

盧武鉉大統領が就任2周年を迎えて、25日、韓国国会で演説。

日本では、そのなかで盧武鉉大統領が歴史問題で日本を間接的に批判したという部分が大きく取り上げられています。なかには、日経新聞のように、「歴史問題は韓国側からは取り上げない」と約束していたにもかかわらず、みたいな報道の仕方をしたメディアもありますが、韓国側が自分たちの側からは持ち出さないと言ったからといって、日本が何を言ってもいいということにはなりません。竹島問題はともかく、最近でも、挺身隊として動員された損害賠償請求で名古屋地裁が請求棄却の判決を下すなど、日本の側が歴史に向き合ってないと言われても仕方ありません。

「歴史問題を処理するドイツと日本の異なった態度は、多くの教訓を与えている。両国の異なった態度によって、隣国から受ける信頼が異なる」というのは、日本人でもそうだなぁと思うし、もし日本がそういうふうに歴史に向き合ってきていて、「日本のように歴史に向き合ってほしい」と言われるような国だったらどんなによかっただろうかと思うのは僕だけでしょうか。

で、日本では余り注目されてませんが、この話は、韓国国内での歴史の真相究明問題の話の中で出てきたもの。「歴史に真剣に向き合おう」としているのは、むしろ韓国政府の側なのです。この前、日刊請求権交渉の資料を公開したのも、過去の経過を全面的に明らかにすることで、韓国政府自身が韓国国民の損害賠償問題に真剣に取り組もうという姿勢を示したものだと思うのですが、このときも日本側の都合により公開されなかった資料もあるということで、残念でなりません。

「歴史を学ぶのが当然のことだとすれば、過去史はありのままを明らかにするのが当然のこと」「傷口が残っているならなおさら真実を明らかにすべきで、真実と和解が傷と怨恨を癒す普遍的な過程である」というのは、そのまま私たち日本人も考えなければならないテーマだと思いました。

【大統領就任2年演説】過去史への言及(朝鮮日報)

【大統領就任2年演説】過去史への言及

 ?武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は25日、前例のない強い語調で、「過去清算」への意志を再確認した。
 ?大統領は同日午前、就任2周年を迎え、国会本会議で国政基調を明らかにした国政演説を通じて「厳しい経済状況下で、大統領が(過去史真相究明問題で)葛藤を助長するという非難がある」とし、「この質問は『歴史はどうして学ぶのか』という質問と同じ質問」と指摘した。
 ?大統領は「歴史を学ぶのが当然のことだとすれば、過去史はありのままを明らかにするのが当然のこと」とし、「嘘を学ぶことはできないため」と強調した。また、「傷口を刺激すること」と前提し、「しかし、傷口が残っているならなおさら真実を明らかにすべきで、真実と和解が傷と怨恨を癒す普遍的な過程であるため」と付け加えた。
 ?大統領のこのような発言は、いかに経済の立て直しが急がれても、「過去」を整理するため努力しなければ、真の先進・韓国という“未来”に向け進むことは出来ないという点を明確にしたものだ。
 これを受け、ハンナラ党は直接的な論評は避けながらも、やや不快な反応を示している。
 朴振(パク・ジン)議員は「過去に対する真相究明は、韓国が過去に逆行するか、未来に進むかという分かれ道での選択が問われる問題」とし、「過去の真実を理解することも重要であるが、消耗的な論争になると、国力の浪費をもたらす」と指摘した。[チョソン・ドットコム 記事入力 : 2005/02/25 14:30]

歴史問題で日本を批判 盧大統領、就任2年演説(共同通信)

歴史問題で日本を批判 盧大統領、就任2年演説

 【ソウル25日共同】韓国の盧武鉉大統領は25日、就任2周年を迎えて国会で演説し、韓国の歴史に対する真相究明問題に言及する中で、過去の問題に対する日本の姿勢を間接的に批判した。北朝鮮核問題については原則的な立場を表明するにとどめ、6カ国協議への早期参加を訴えるなどの具体的言及は避けた。
 盧大統領は「歴史問題を処理するドイツと日本の異なった態度は、多くの教訓を与えている。両国の異なった態度によって、隣国から受ける信頼が異なる」と指摘。また「過去に対して率直でなければならない。そうしてこそ、過去を捨てて未来に向かうことができる」と強調した。
 大統領の発言は、自国の歴史の真相究明問題を語る形式を取ることで直接的な対日批判を避けながらも、「韓流」ブームなどで良好な日韓関係に竹島問題などで摩擦が起きていることを考慮、日本側に「過去を直視して未来に向かう」ことを訴えたとみられる。[共同通信 25日11時14分]

盧武鉉大統領が、「歴史問題は取り上げない」という約束にもかかわらず、国内事情から歴史問題に言及したんだろうという見方の大もとはこれ。「日本が日韓の親善、友好関係の強化を基本方針としていることは先方も承知していると思う」という言い方が白々しい…。

韓国大統領演説は国内事情=細田官房長官(時事通信)

韓国大統領演説は国内事情=細田官房長官

 細田博之官房長官は25日午後の記者会見で、韓国の盧武鉉大統領が国会演説で、歴史認識に関して同国の国民感情への配慮を日本に求めたと受け取れる発言をしたことについて、「(大統領の)思いや国内事情で言われたと理解している。日本が日韓の親善、友好関係の強化を基本方針としていることは先方も承知していると思う」と述べた。(時事通信) – 2月25日17時1分更新

Similar Articles:

  1. 緑の森を楽しく歩いた - trackback on 2005/02/27 at 17:24:07

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackbacks and Pingbacks: