Daily Archives: 2005/03/01

9条が変えられてしまった時のインパクトは日本国内にとどまらない

日本平和委員会の「平和新聞」2月25日号に、GPPAC(武力紛争予防のためのグローバルパートナーシップ)東北アジア地域会議実行委員長の馬奈木厳太郎さん(早稲田大学大学院博士課程)のインタビューが載っています。

一読して、なるほどなあと思ったのは、9条改憲の問題をアジア的視野、世界的視野でとらえていること。「実際に9条が変えられてしまった時のインパクトは日本国内にとどまりません」、「日本国内の議論はまだまだ内向き」という指摘は、この問題を僕たちがどういう文脈で考えたらいいかということを教えてくれているように思いました。

また、9条を改悪させないためにどうしたらよいかということでも、馬奈木さんは、「そもそも憲法とは何なのかというところから伝えていく必要がある」と言っています。そのことを通して、憲法が、実は僕たち一人ひとりの「生き方」に繋がっていることを意識しよう、というのです。さらに、9条だけでなく、国家と個人の関係も、これまでの「個人のための国家」から「国家のための個人」へ、「政府に守らせる憲法」から「国民に守らせる憲法」へ、根本からひっくり返そうとしているんだ、という指摘に、あらためてはっとさせられました。

※GPPAC(武力紛争予防のためのグローバルパートナーシップ)というのは、国連のアナン事務総長が、2001年に、報告書のなかで、「紛争予防における市民社会の役割が大切」だと述べ、紛争予防にかんするNGO国際会議の開催を呼びかけたのに応えて発足したプロジェクト。欧州紛争予防センター(ECCP)を国際事務局として、世界各国のNGOが「地域プロセス」に参加。2005年7月19日?21日にニューヨーク国連本部で国際会議がおこなわれます。
Read more »

9条改憲こそ、アメリカの“押しつけ”

自民党新憲法起草委員会の「前文に関する小委員会」(委員長・中曽根康弘元首相)が28日までにとりまとめた中間集約では、「現行憲法は米国からの押し付け」という立場を前文に盛り込もうという話らしい。

しかし、「押しつけ」というなら、9条改憲こそ、1947年いらい一貫してアメリカが日本に押しつけようとしてきたもの。アメリカとの世界的な軍事共同作戦を展開するために、「アメリカの押しつけ憲法だ」といって憲法9条を改悪しようというこの不条理。

船曳建夫・東大教授の談話は、このねじれを的確に指摘しています。

憲法改正案・前文 「方向づけ」急ぐ自民(毎日新聞)
Read more »

盧武鉉大統領の演説

盧武鉉大統領が、「3・1独立運動」86周年記念式典で演説。

「産経新聞」は、記事の落としどころを、「盧大統領はこれまで過去の問題を外交的争点にしないとしてきた」、「この日の演説は、全体の7割もの部分を日韓関係に割く異例の内容となった」(産経、記事は共同のもの?)というところに求めていますが、演説の基本は、日本と韓国は「東アジアの未来を一緒に切り開いていかなければならない運命共同体」という認識から出発して、そのためには、政治的な「解決」だけではだめ、本当に両国国民が和解・協力できるようにしなければならない、として、歴史の問題に真剣に向き合う姿勢を示したものだと思います。「自らの在任中に歴史問題を提起しない」というのも、これまで自制してきたにもかかわらず、日本側が問題の解決にとりくもうとしないために、あらためて指摘せざるをえなかったというものです。

賠償問題でも、ただ日本に要求するというのでなく、過去の韓国政府の誤りを自らただすということも同時に表明されているわけで、決して、あれこれの政治的思惑から「反日」を云々しているわけではありません。そのことを、まず私たちも受け止めなければならないと思います。

韓国大統領の演説要旨(中国新聞=共同)

「3・1独立運動」:
 「さんいち独立運動」と読む。日本の植民地であった朝鮮で、1919年3月1日を期して始められた大規模な独立運動。3月1日、ソウルで各界の名士が署名した「独立宣言書」が読み上げられ、太極旗(大韓帝国時代の国旗)をうちふり「独立万歳」を唱え、デモ行進がおこなわれた。運動は3月から4月にかけて朝鮮全土に広がり、朝鮮総督府の文書は、参加者を50万人以上と記している。農村では、前年に日本がおこなった「朝鮮土地調査事業」によって土地を取り上げらえたり農作物の供出を強制された農民が面(村)事務所を襲撃し、土地台帳や作物の供出簿が焼き捨てられたりした。
 日本の支配層は、憲兵、警察だけでなく正規軍をも投入し徹底的に弾圧。死亡者7000人以上、逮捕者4万人以上の大きな犠牲を出した。(参考=平凡社「世界大百科事典」ほか)
Read more »

二転三転、Firefox1.0.1日本語版

結局、1.0.1日本語版はリリースされることになったようです。がんばれ、Firefox!

Mozilla Japan – Firefox ブラウザ、Thunderbird、Mozilla Suite の公式サイト

Firefox 1.0 のアップデート版リリースについて

Firefox 1.0 のセキュリティアップデートとしてリリースされた Firefox 1.0.1 の日本語版は、現在3月上旬のリリースを目指して作業を進めております。Firefox 1.0 日本語版のユーザの皆さまは今しばらくお待ちください。

Mozilla Foundation からの英語版 Firefox 1.0.1 のリリース直後、不具合が見つかり、一時、その対応版のリリースが検討されましたが、すでに対処方法が見つかり、改めて対応版がリリースされることはなくなりました。情報が混乱いたしましたこと、お詫び申し上げます。

追伸:
Firefox – Web の再発見に掲示されたお知らせには、さらに次のように補足されています。

なお、現在 Windows 用 Firefox 1.0 日本語版 の zip 版をご利用中で Firefox 1.0.1 のインストーラ版を使ってアップグレードする場合のみ、今回の不具合の影響を受けます。どうしてもこの手順で今すぐ Mozilla Firefox 1.0.1 英語版をインストールしたいという場合は、注意点や対処方法がリリースノートに掲載されていますのでインストール前にご一読ください。

Read more »