盧武鉉大統領の3・1節記念演説

milouさんのサイト▼milou:「日本の知性にもう一度訴える」(転載)で、盧武鉉大統領の3・1記念演説の全文の日本語訳が紹介されています。

この演説、日本でもニュースで取り上げられ、ブログでも「とんでもないことを言い出した」と言わんばかりの書き込みがあったりしますが、その割に、演説全体がちっとも紹介されていません。これもある意味で、情報の不平等かも知れません。

翻訳は、ドイツ在住の梶村氏が「撫順の奇蹟を受け継ぐ会」のMLへ投稿されたもので、転載歓迎とのことですので、以下、転載させていただきます。

3/11追記:
その後、韓国大使館のホームページに、日本語全文訳が掲載されています。
3・1節記念式典での盧武鉉大統領の演説(全文日本語訳)

第86周年 3.1節記念の辞

 2005年3月1日

 尊敬する国民の皆さん、独立運動功労者と来賓の皆さん、

 86回目の3.1節記念式典を、ここ柳寛順(ユ・グァンスン)記念館にて行えることを嬉しく思います。あの日の感動が、より生き生きと感じられるようです。
 3.1運動とは、実に誇らしい歴史です。人間の自由と平等、国の自主と独立の権利を明らかにした3.1精神は、今も人類社会と国際秩序の普遍的原理として尊重されています。また、上海臨時政府から今日の我が政府に至る大韓民国の正統性の根本となりました。
 このような3.1運動の偉大な精神を引き継ぎ、二度と百年前のような過ちを繰り返さないことが、愛国先烈に対する道理であり、3.1節に新たにする我々の誓いです。
国のために犠牲となり、民主主義と繁栄の礎石となってくださった愛国先烈の方々に、こうべを垂れて敬意を表します。独立運動功労者と家族の皆様に、深い尊敬と感謝の言葉を申し上げます。

 国民の皆さん。

 わたしは去る日曜日、独立記念館に行ってまいりました。
 旧韓末、開化をめぐる意見の違いが論争を越えて分裂にまで走り、指導者たち自身が国と国民を裏切った歴史を見ながら、今日我々が何をするべきかを、深く考えました。そして、我々の地をめぐって日本と清、日本とロシアが戦争を起こした状況で、無力だった我々がどちらの側に立ったとしても、何が違っただろうかと思い、国力の意味を改めて考えさせられました。そして今日の大韓民国が本当に誇らしくなりました。
 今、我々は百年前の、列強の狭間でまったく変数になれなかった、そんな国ではありません。世界にひけをとらない民主主義と経済発展を遂げ、自らを守れるだけの十分な力を持っています。北東アジアのバランサー(均衡者)の役割を果たせる国防力を育てつつあります。今日の我々の姿を、先烈たちも頼もしく思ってくださることでしょう。

 国民の皆さん。

 今年は韓国と日本の国交正常化40周年となる特別な年です。一方では、韓日基本条約に関する文書が公開されて、いまだに解決できない過去の問題がよみがえったり、また別の問題が提起されてもいます。
 これまで韓日関係は、法的にも政治的にも相当な進展を遂げてきました。1995年に日本の村山首相が「痛切な反省と謝罪」をし、98年には金大中大統領と小渕首相が新韓日関係パートナーシップを宣言しました。2003年には、わたしと小泉首相が「平和と繁栄の北東アジア時代のための共同宣言」を発表しました。
 韓日二つの国は、北東アジアの未来を共に開くべき運命共同体です。お互いが協力して平和政策と共同繁栄の道を歩まずには、国民の安全と幸福を保障できない、という条件の上に立っています。法的、政治的関係の進展だけで両国の未来を保障することはできません。もしそういう考え方を取るとすれば、やるべきことをやり尽くしたとは言えません。もっと実質的な和解と協力の努力が必要なのです。
 真実と正義によって、両国国民を隔てている心の障壁を崩し、本当の隣人として生まれ変わらなければなりません。
 フランスは反国家的行為を犯した自国民に対しては峻厳たる審判を下しましたが、ドイツに対しては寛大に握手し、欧州連合(EU)の秩序を作って来ました。昨年、シラク大統領はノルマンディー上陸作戦60周年記念式典にドイツ首相を初めて招待し「フランスの人々はあなたを友達として歓迎する」と友情を表現しました。
 われわれ韓国国民もフランスのように寛大な隣人として、日本と一緒にやっていきたいという願いを持っています。
 これまで、わが政府は国民の憤怒と憎悪をあおらないよう節制し、日本との和解・協力のために積極的な努力を払ってきました。実際、韓国国民はよく自制し、理性的に考え、分別を持って対応していると思います。
 わたしはこれまでの両国関係の進展を尊重するので、過去の歴史問題を外交的な争点にしない、と公言したことがあります。そして今もその考えは変わっていません。過去の歴史問題が提起されるたびに交流と協力の関係がまた止まって両国間の葛藤(かっとう)が高まることは、未来のために助けにならないと考えたからです。
 しかし、われわれの一方的な努力だけで解決されることではありません。2つの国の関係発展には、日本政府と国民の真摯(しんし)な努力が必要です。過去の真実を究明して心から謝罪し、賠償することがあれば賠償し、そして和解しなければなりません。それが全世界が行っている、過去の歴史清算の普遍的なやり方です。
 わたしは拉致問題による日本国民の憤怒を十分に理解します。同様に日本も立場を替えて考えてみなければなりません。日本の植民地支配(原語:日帝)36年間、強制徴用から従軍慰安婦問題に至るまで、数千、数万倍の苦痛を受けたわれわれ国民の憤怒を理解しなければならないのです。
 日本の知性にもう一度訴えます。真実なる自己反省の土台の上に韓日間の感情的なしこりを取りのけ、傷口が癒えるようにするため、先立ってくれなければなりません。それこそが、先進国であると自負する日本の知性的な姿です。そうしなければ、過去の束縛から抜け出すことはできません。いくら経済力が強く、軍備を強化したとしても、隣人の信頼を得て、国際社会の指導的国家となるのは難しいことです。
 ドイツはそれをしました。そして、それだけの待遇を受けています。彼らは自ら真実を明らかにして謝罪し補償するという道徳的な決断を通じて、EUの主役に乗り出すことができたのです。

 尊敬する国民の皆さん。

 韓日基本条約と被害補償問題については、(韓国)政府も不足があったと思います。
 国交正常化自体はやむを得ないことだったと思います。いつまでも国交を断絶したままでいるわけにもいかず、われわれの要求をすべて貫徹させられなかった事情もあったのでしょう。しかし、被害者の人々にとっては、国家が国民個々人の請求権を一方的に処分したことは納得しがたいことです。
 遅きに失しましたが、今からでも、政府はこの問題を解決するために積極的に努力します。国民皆さんの意見を集め、国会と協議して、適切な解決策を模索していくつもりです。首相室ではすでに官民共同の委員会を設置して様々な方策を検討していますし、より包括的な解決のために国民諮問委員会の設置を準備しています。
 そして請求権問題以外にも、いまだに埋もれている真実を明らかにし、遺骨を返還してもらう等の問題に、積極的に対応していくつもりです。日本も、法的問題以前に、人類社会の普遍的な倫理、そして隣人同士の信頼の問題であるという認識を持って、積極的な姿勢を見せてくれなければならないでしょう。

 国民の皆さん。

 3.1運動の精神を反芻しながら、先烈たちが夢見た先進韓国の未来に向かって精一杯がんばりましょう。日帝の銃剣に立ち向かった先烈たちの勇気と、すべてを越えてひとつになった大同団結の精神が、われわれの未来を導いてくれるのです。

 ありがとうございました。

※転載にあたり、改行・段落など整理しました。

MLへの投稿には、以下のような前文がつけられています。

梶村太一郎です。韓国の盧武鉉大統領が1日に行った演説全文を、私の知人に翻訳していただきました。『日本の知性にもう一度訴える』との言葉がありますので、これを日本での公表の見出しとしてみなさまにお伝えします。
先のアウシュヴィッツ解放記念日のシュレーダー演説とともに、この盧武鉉演説は第二次世界大戦終結60周年の本年の記念すべき演説であることは間違いありません。しかもこちらは、日本人の知性に正面から名指しで投げられたものです。まずは受け止めましょう。翻訳者の方の承諾を得ていますので、また転載歓迎いたします。
よろしくお願いいたします。
以下翻訳[※翻訳は上記の通り――引用者]

翻訳を紹介された方が指摘されているように、「日本の知性にもう一度訴えます」という呼びかけにドキリとしたのは私だけでしょうか。

Similar Articles:

  1. +++ PPFV BLOG +++ - trackback on 2005/03/03 at 20:36:23

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackbacks and Pingbacks: