アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

イラク情報、完全に間違っていた!

2005年4月1日 at 00:29:41

アメリカの独立調査委員会は、イラクの情報について「良い情報を入手できず、分析も誤り、完全な間違いを犯した」と厳しく批判。

いまさら…という感もしますが、アメリカ自身が「間違ってた」と言うのだから、やっぱり間違ってたんでしょう。ねえ、小泉首相?

米調査委「イラク情報で完全な間違い」・最終報告書(NIKKEI NET)

米調査委「イラク情報で完全な間違い」・最終報告書

 【ワシントン31日共同】イラク戦争前の大量破壊兵器に関する情報収集など米情報機関の問題点を検証した独立調査委員会は31日、「情報機関はイラク問題で良い情報を入手できず、分析も誤り、完全な間違いを犯した」と厳しく批判する最終報告書をブッシュ大統領に提出した。
 最終報告書は、名指しはしていないもののイラン、北朝鮮などの核開発をめぐる情報も極めて限られていることに強い懸念を示した。
 開戦を急いだ政権内強硬派が大量破壊兵器に関する情報を意図的に誇張、歪曲したとの疑惑も指摘されていたが、最終報告書は「(情報操作の)証拠はなかった」と結論付けた。
 また、イラクの大量破壊兵器問題で米政府が当初、核開発のための遠心分離機用材料と断定していたアルミニウム管をめぐり、一部情報機関が異論を唱えたが、無視されていた事態を問題視。大量破壊兵器に関する情報分析の過程で「少数派意見」を尊重する必要性を強調し、情報分析結果を検証する「情報オンブズマン」の設置も提言した。[NIKKEI NET 2005/03/31 00:12]

Similar Articles:

Tags:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

3 Responses to “イラク情報、完全に間違っていた!”

  1. イラク報告 破壊兵器なかった

    『朝日新聞(05/04/02)』
    米国の情報力 これで戦争をするとは
     イラクに大量破壊兵器がなかったことは、昨年10月、米国の現地調査団が決着をつけた。で…

  2. こんにちは。
    TBさせていただきました。
    私は民衆が圧政から解放されたことは、イラク戦争の成果だと思います。
    「破壊兵器がない」=「戦争は間違い」
    という結論を出すのは早すぎると思います。

  3. >ko-bar-berさん
    初めから「イラク民衆の解放」を掲げてれば、それなりに理屈が通ったのかも知れませんが…。
    イラク開戦から丸2年、これで「早すぎる」なんていうことはないでしょう。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2005/04/01002941/trackback/

Leave a Reply