韓国の歴史

geragonさんのコメントもあって、あらためて韓国の現代史を調べてみました。
大ざっぱな年表ですが、何かのお役に立てば…。

【韓国現代史年表】

1945/08/15 日本の敗戦により日本の植民地統治が終了。北緯38度線を境に北をソ連が、南を米軍が占領支配。
1948/04/03 済州島で、南だけの単独選挙に反対した住民が蜂起し、米軍に弾圧される(済州島4・3事件)。
1948/05/10 米軍、南だけの単独選挙を強行。
1948/08/15 「大韓民国」樹立を宣言、李承晩(イ・スンマン)、大韓民国初代大統領に就任。
1948/09/09 「朝鮮民主主義人民共和国」樹立宣言
1950/06/25 朝鮮戦争起こる(?1953/07/27停戦協定)
1954/11/29 李承晩、大統領終身制を可能にする憲法改正を“四捨五入”で強行
1956/05/15 李承晩、大統領3期目に就任
1960/03/15 李承晩、不正操作選挙で4選。各地で抗議運動が広がる
1960/04/19 ソウルで2万人の学生が反政府デモをおこない、警察部隊の発砲で183人が死亡。04/26李承晩退陣。(4・19革命
1961/05/16 朴正熙(パク・チョンヒ)陸軍少将らによる軍事クーデター
1961/06/10 韓国中央情報部(KCIA)を創設
1961/07/03 朴正熙、「国家再建最高会議」議長に就任
1963/10/15 朴正熙、大統領選で当選。12/17 大統領就任(?1979)
1965/06/22 日韓条約調印
1968/01/21 北朝鮮の武装ゲリラが、ソウルの大統領府(通称「青瓦台」)を襲撃(青瓦台襲撃事件
1971/04/27 大統領選で、金大中(キム・デジュン)氏が朴正熙に97万票差に迫る。
1971/08/23 金日成暗殺のために創設された秘密部隊(684部隊)が反乱を起こす(シルミド事件
1971/12/06 国家非常事態宣言を発令
1972/07/04 南北共同声明発表(朴正熙?金日成)
1972/10/17 朴正熙大統領、非常戒厳令を布告し、国会を解散(十月維新革命)。大統領を直接選挙から統一主体国民会議による間接選挙に変える憲法改正を強行(「維新憲法」)。12月、統一国民会議、朴正熙を大統領に選出。
1973/03 日本で、月刊誌『世界』(岩波書店)にT・K生「韓国からの通信」の掲載が始まる(?88年3月号まで)。
1973/08/08 金大中氏、KCIA(韓国中央情報部)によって東京のホテルから拉致される(金大中事件
1974/04/03 大統領緊急措置第4号で、学生の反政府活動を禁止。「民青学連事件」摘発
1974/08/15 朴正熙大統領、光復節記念式典会場で狙撃され、大統領夫人が死亡
1979/10/26 朴大統領大統領、KCIA部長・金載圭(キム・ジェギュ)に射殺される。
1979/12/12 全斗煥(チョン・ドファン)、軍内部で実権を掌握
1980/05/18 戒厳令撤廃、民主化を求める運動が全国に広がるなか、全羅南道・光州市の市民・学生が蜂起。戒厳軍が武力鎮圧し、多数の犠牲者を出す(?05/27 光州事件)。金大中氏が「首謀者」とされ、死刑判決を下される。
1980/08/27 全斗煥を大統領に選出
1984/09/06 全斗煥大統領、韓国国家元首として初来日
1987/12/16 盧泰愚(ノ・テウ)、直接選挙により大統領に当選(1988/02/25就任)
1988/09/17 ソウル・オリンピック開催
1993/02/25 金泳三(キム・ヨンサム)大統領就任(?1998)。朴正熙以来、初めての文民出身の大統領
1998/02/25 金大中(キム・デジュン)大統領就任(?2003)
2003/02/25 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領就任

こうやって振り返ってみると、民主主義の息吹を感じさせる“いま”の韓国にたどり着くために、ほんとうにどれだけの犠牲と苦労があったか、よく分かります。「ペパーミント・キャンディー」や「シルミド」、今度の「大統領の理髪師」など、こうした歴史を1つの作品として映画にできるようになったことにも、韓国の民主化の誇りがあらわれているような気がします。

Similar Articles:

  1. こんにちわ。
    私が書いたコメントに、このように嬉しい形で応えていただき、なんといって感謝したらいいのか、わかりません。ありがとうございます♪
    「大統領の理髪師」のところでもコメントに書きましたが、ここ数年韓国映画を見る機会が増えました。そして見るたびに、その時代背景がわからず、真に味わえていないと思っていました。先に書きました「ペパーミントキャンディ(この作品は大好きです)」「二重スパイ」もそうですが、日本映画でも「KT」は「???」でした。その時代を知っている人は「すごく面白かった」と言ってたのですが、私は「なぜ?」って感じで。「大統領の理髪師」を見るまで、朴正熙大統領暗殺事件も知らなかった始末ですから…お恥ずかしい。
    韓国史年表を見て、驚いたこと。金大中氏ってつい最近まで大統領だったと思うのですが、朴正熙元大統領と選挙を争ったことがあったんですね!!

  2. >geragonさん
    喜んでいただき、ありがとうございます。まあ、自分のための整理にもなると思ってつくったものですので、参考にしていただければうれしいです。

    71年の大統領選で金大中氏が肉薄したことが、朴大統領にはショックだったようで、そのため、直後に非常事態を宣言して憲法改正を強行し、大統領直接選挙をやめてしまったし、さらには金大中氏を亡き者にしようと拉致事件(このときは、アメリカ政府と、アメリカ政府の意を受けた日本の介入で、金大中氏はかろうじて殺されずにすんだのです)も引き起こした訳です。

    だから、その金大中氏が大統領になったというのは、韓国の歴史からみると、本当に画期的な出来事だと思います。

  3. 映画、言いたい放題! - trackback on 2006/05/09 at 22:47:26

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackbacks and Pingbacks: