Daily Archives: 2005/04/16

オール・ロシアン・プログラム 日フィル定期

昨日、サントリーホールで日フィルの第569回定演に行ってきました。
プログラムは、ロシアの作曲家3人の楽曲です。

  • リャードフ:交響詩《魔法にかけられた湖》 作品62
  • プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 作品16
  •     (休  憩)
  • ラフマニノフ:交響曲第2番 ホ短調 作品27

指揮は尾高忠明さん、ピアノは若林顕さんでした。

リャードフ(1855〜1914)、プロコフィエフ(1891〜1953)、ラフマニノフ(1873〜1943)という3人の作曲家が、それぞれ、1909年、1913年(演奏は1923年改訂版)、1906〜07年というロシア革命前の時期につくった楽曲ですが、3曲が3曲とも雰囲気がまったく違う、というなかなか面白い趣向を凝らしたプログラムでした。

Read more »

この桜は何?

近くの公園で咲いてる桜

ソメイヨシノはすっかり散って葉桜になってしまいましたが、近くの公園では、ソメイヨシノに混じって、1本だけ、真っ白な桜が、一面の花をつけて満開になっています。

この桜は、種類は何なんでしょうねぇ。特徴は、花びらが真っ白なことと花と一緒に少しだけ葉っぱが伸びていること。あとはソメイヨシノによく似ています。

Read more »