Daily Archives: 2005/04/22

フジテレビNONFIXで「シリーズ憲法」放送中

フジテレビで水曜未明(火曜深夜)に放送されている“NONFIX”というドキュメンタリー番組で「シリーズ憲法」が放送されています。

これからの放送予定は、以下の通り。

  • 4/27 02:28?シリーズ憲法?第25条・生存権「カケガエノナイモノ」
  • 5/4 02:43?シリーズ憲法?第9条・戦争放棄「忘却」
  • 5/10 深夜放送シリーズ憲法?第21条・表現の自由「表現の自由と責任を取材の現場で考えた」

NONFIX Official HomePage

でもって、放送終了分はこちら。

  • 3/30 02:35?03:30シリーズ憲法?第96条・国民的憲法合宿
  • 4/20 02:48?03:43シリーズ憲法?第24条・男女平等「僕たちの“男女平等”」

日中関係の解決に何が必要か

日中関係を前向きに打開するために何が必要か。私は別に、あれかこれか、日本が間違っているなら中国が100%正しい、といった二者択一的な議論をしている訳ではありません。
私の「歴史認識」は、中国の歴史認識とも異なっているし、小泉首相やかんきちさんの歴史認識とも異なっています。それを、どれが正しく、どれは間違っていると断定しようなどというつもりは、まったくありません。

しかし、日本と中国が外交関係を結ぶときに表明した立場は、きちんと守るべきだといっているだけです。具体的には、

1つは、首相の靖国神社参拝はおこなわないことを明らかにすること。政府閣僚が、侵略戦争を美化したり、侵略戦争・植民地支配の被害がなかったかのような言動をおこなわないこと。

2つに、台湾問題についても、日米の「共通の戦略目標」として取り扱うやり方は改めること。
日台関係について、「1つの中国」の立場を取るというのは、台湾との一切の交流を断てということではありません。1998年の共同宣言で日本政府が表明し、中国も合意したように、「日本は、引き続き台湾と民間及び地域的な往来を維持する」という立場を守るということです。

私が、日中関係の問題として希望しているのは、こうしたことです。