米陸軍、戦闘ゲームを無料配布

米陸軍が、みずから製作したパソコン用戦闘ゲームを無料配布するらしい。

TBSのニュースによれば、米陸軍は、イラク派遣兵に、航空写真等にもとづいて忠実にイラクの街を再現したシミュレーション装置で戦闘訓練を行っています。その訓練のおかげで、95%が瞬間的に躊躇せず人を殺すことができるようになると言っていました(ちなみに、それをつくっているのはロッキード・マーティン社)。

で、それをベースに、こんど、この戦闘ゲームをつくったそうで、13?20歳が対象。「実際の戦闘訓練の代わりにはなりませんが、入隊前にこのような訓練をしておくことは非常に有効な経験になります」と、担当者が明るく説明してました。やっぱり帝国主義国ですねぇ…、あまりのあっけらかんとした説明に、恐ろしくなってしまいました。

米軍訓練プログラムがはらむ危険性(TBS News-i)

米軍訓練プログラムがはらむ危険性

 アメリカ軍は、イラクなどで軍事作戦の効率化を図るため、戦場を知らない兵士にも条件反射で戦闘を行えるよう訓練プログラムを導入しています。バーチャル感覚のこうした訓練が、「戦争のゲーム化」をさらに加速させるとの指摘も出ています。
 イラクで相次ぐ襲撃事件。ブッシュ大統領が大規模な戦闘の終わりを宣言してから間もなく2年が経ちますが、武装勢力の抵抗は収まる気配を見せません。
 一心不乱に銃を乱射する兵士。一見、ゲームを楽しんでいるだけのようにも見えますが、これはアメリカ軍が実際に行っている訓練です。イラクに送られる兵士たちが、武装勢力の襲撃に適応できるよう開発されました。
 こうした訓練施設をつくっているのは、世界最大の軍需企業と言われるロッキードマーティン社です。戦闘機、ミサイル、ロケットなど、軍事に関係したあらゆるものを製造するこの会社が、ここ数年、特に力を入れている分野の一つがこうした戦闘シミュレーションなのです。 訓練機は、本物の兵器を製造する企業だけに部品はすべて本物と同じものを使っています。また、訓練の舞台は衛星写真をもとに実在の場所を忠実に再現したものです。
 一方、こうした戦闘シミュレーションは、単に戦闘技術を身につけるだけでなく、実はもう1つの意味が隠されていると専門家は指摘します。
 「ピストルやライフルといった戦闘における外面は、ここ数十年でそれほど変わっていません。しかし、内面は大きく変わりました。戦争を話す時、素人は目に見えるものばかりを問題にしますが、プロは兵士の内面を問題にします。訓練は人殺しを条件反射で行える内面をつくりあげるものなのです。平均的な人間は、初めて人を殺すと吐き気をもよおしたり、精神的な障害を患います。しかし、ほとんどの人はだんだんと慣れていきます。ですから、兵士たちが戦争に行く前から、訓練によって100回、1000回と殺しの経験を積めば、実際に人を撃った時にショックを受けずに済むのです。彼らは人殺しに対する罪悪感が完全になくなってしまっているのです」(戦争心理学を研究するデービッド・グロスマン氏)
 グロスマン氏によれば、初めて戦争に参加した兵士が敵に向けて躊躇なく発砲できる割合は、第二次世界大戦当時わずか15%だったのがこうした訓練が導入された現在では95%以上に増加しました。 また、イラク戦争では戦争経験のない新人兵士たちが、4倍に当たる200名のイラク人兵に囲まれた際に、1人も命を失うことなく相手側兵士を全滅させたという記録もあると言うのです。こうした結果をもたらしたものこそがゲームによる訓練なのです。
 ゲームを使ったこうした戦闘訓練は、軍の内部に限ったものではなく、実は、こうした形で子供たちの間に配られているのです。「アメリカズ・アーミー」。アメリカ陸軍が開発し、子供たちに無料で配布されているというゲームです。「陸軍公認」というだけあって入隊前にリアルな戦闘体験を味わえると言うのです。
 ゲームを通じて人を殺すことを教える訓練。戦争に勝つためにアメリカが始めたこの試みは、圧倒的な強さとともに、戦争そのものをゲームにしてしまう危険性をはらんでいます。(18日 18:10)

ニュース映像はこちら
http://news.tbs.co.jp/asx/news1194157_12.asx

Wired News – 米陸軍が公式戦闘ゲームを無料配布へ – : Hotwired

米陸軍が公式戦闘ゲームを無料配布へ

南 優人/Infostand

 米陸軍は22日(米国時間)、実戦をリアルに再現したパソコン用戦闘ゲーム『America’s Army』 (アメリカズ・アーミー)を製作したと発表した。米軍は従来から民間の戦闘ゲーム開発に協力していたが、入隊勧誘に直結させるため自らゲームを作り上げた。8月から入隊受付窓口やゲーム雑誌、専用ホームページなどを通じて、無料配布する。
 America’s Armyは、実戦さながらのシューティングゲーム『Operations』(オペレーションズ)と、下士官養成ゲーム『Soldiers』(ソルジャーズ)の2本で構成される。
 Operationsでは、実際に行なわれている訓練を仮想体験できるほか、アニメーションによる戦闘プレイを楽しめる。アフガニスタンで地上戦を遂行したレンジャー部隊の訓練なども再現されている。訓練を完了すれば、インターネットを通じて他のプレーヤーとマルチプレーヤーで遊ぶこともできる。
 Soldiersは、入隊から下士官に昇進するまでの試練を味わえるシミュレーションゲーム。若者に、入隊後の生活を楽しみながら知ってもらう内容という。すでに民間の戦闘ゲームは氾濫しているものの、ゲーム感覚での入隊も招きかねない軍の試みは、論議も呼びそうだ。[Wired News 2002年5月23日 1:00pm JT]

Similar Articles:

Related Posts

  1. Peace Powers! - trackback on 2005/05/21 at 01:16:34

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Trackbacks and Pingbacks: