皇室典範見直し論議はどこへ

大原康男、八木秀次両氏は、靖国問題などでも著名な右派論者ですねぇ。

男系維持か長子優先か 有識者会議が意見聴取(共同通信)

男系維持か長子優先か 有識者会議が意見聴取

 女性天皇の是非を検討している政府の「皇室典範に関する有識者会議」(座長・吉川弘之元東大学長)は31日午後、皇室などに詳しい専門家4人を招き、皇位継承制度の見直しをめぐり、現行の「男系男子」維持と、女性天皇容認の双方の立場から意見を聴取した。
 大原康男国学院大教授(現代神道論)は「皇位継承の歴史は男系主義で一貫しており、女系を安易に考えるべきではない」と指摘し、女性天皇の議論に入る前に「男系維持のため方策を講ずるべきだ」と主張。八木秀次高崎経済大助教授(憲法学)も「可能な限り男系継承を続けていくべきだ」として、旧皇族の皇籍復帰や養子制度などにより男系継承の可能性を探るよう促した。
 これに対し、高橋紘静岡福祉大教授(皇室研究)は国民に支持される皇位継承の見直し案として「女性を容認し、継承順は長子(第一子)優先が良いのではないか」と提案、「単純で分かりやすい」と説明した。
 横田耕一流通経済大教授(憲法学)も、男女にこだわらない天皇直系による「長子優先」継承が、現行制度と比べ「安定的で分かりやすく、世論の支持は比較的あるだろう」との考えを示した。[共同通信 5月31日20時35分更新]

追記:
東京新聞6/1付朝刊2面のベタ記事では、横田耕一氏は、養子などによる男系男子の維持、女帝容認のいずれも「天皇制の存続にとって難しい問題をはらんでいる」と述べたとされています。

追記:
横田耕一先生の発言について、読売新聞が詳しく紹介しています。

横田耕一先生、よくぞ言ってくれました!

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">