DNA情報、犯罪捜査のデータベースに

容疑者から採取したものに限る、からといって安心は出来ません。

DNA情報がデーターベース化されて犯罪捜査に利用されるようになれば、当然、捜査の決め手になるという理由で、DNA情報を採取するケースがいま以上に増えるはず。そうなると、アリバイを聞かれるのと同じように、「血液を提供していただけますか?」ということになって、どんどんいろんな人のDNA情報が蓄積される。

ということで、知らないうちに、DNA情報をつかって国民を管理する「警察国家」が登場しているかも…。こっ、怖〜〜〜〜い (?_?;)

容疑者DNA情報、データベース化へ 有識者会議で賛同(朝日新聞)
Read more »