アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

「もう1つの七夕」

2005年7月6日 at 00:03:36

明日は七夕ですが、68年前のこの日、北京南部の盧溝橋で、「中国軍が発砲した」として日本軍が中国軍と衝突。それがきっかけとなって、日本は中国全土への侵略へとすすんでゆきました。それを記念して、日本の侵略戦争の歴史と憲法9条の意義を考える集いが開かれます。

日時
2005年7月7日 午後6時30分?(会場:午後6時)
会場
文京シビックセンター・小ホール(→交通アクセス
メイン講演
「憲法9条・教科書採択と歴史認識」
講師
小森陽一(東京大学教授、「九条の会」事務局長、子どもと教科書全国ネット21代表委員)
プログラム
韓国舞踊
二胡演奏
侵略戦争の実態を語るビデオ上映
教育現場からの発言
メイン講演
参加費
1000円
主催
日中友好協会、日朝協会、日本平和委員会、日中友好協会東京都連合会、日朝協会東京都連合会、東京平和委員会
問い合わせ先
TEL 03-5940-6088(東京平和委員会)

Similar Articles:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2005/07/06000336/trackback/

Leave a Reply