アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

ついに警官までも…と思うことなかれ

2005年7月14日 at 00:11:19

警官としてあるまじきこと、とか、ついに警官までが…などと言ってみても、問題は少しも明らかにならない。これだけ、誰も彼もが子どもを性的嗜好の餌食としているご時世に、警官や学校の先生だからといって、その影響から免れているなどということはありないのだから。

むしろ問題は、なぜ、こう誰も彼もが無力な小学生を狙うのか? その心理的・精神的な“歪み”にメスを入れることを考えないと。

その点で、精神科医の斎藤学氏が、覗きをする男性の心理として、無力感、絶望感を取り上げているのが参考になるかも。自分が圧倒的な他者に虐げられ、無力感に押しつぶされているようなとき、人は、自分より無力な人間に攻撃をむけるという指摘は、いまどきの社会のイライラ感、もやもや感をうまく言い当てているように思う。→MSN-Mainichi INTERACTIVE こころの世紀

小学生をホテルで暴行、29歳の兵庫県警巡査長を逮捕(読売新聞)

小学生をホテルで暴行、29歳の兵庫県警巡査長を逮捕

 小学校高学年の女児に暴行したとして、兵庫県警少年課は13日、甲子園署地域課巡査長、中村和洋容疑者(29)(神戸市北区)を婦女暴行容疑で逮捕した。県警は中村容疑者を懲戒免職にする方針。
 調べでは、中村容疑者は昨年7月中旬、大阪市内に遊びに来ていた女児をホテルに連れ込み、乱暴した疑い。中村容疑者は女児と面識があったという。今年5月、女児から相談を受けた母親らが県警に告訴していた。
 稲吉純一・県警監察官室長は「言語道断の行為で誠に遺憾。厳正に対処したい」とし、岸本康治甲子園署長は「署員がこのような事案を起こし、誠に申し訳なく、残念」としている。(2005年7月13日21時4分 読売新聞)

Similar Articles:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

One Response to “ついに警官までも…と思うことなかれ”

  1. 炉利警察官ホテルで小学生女児を強姦

     兵庫県警監察官室と少年課は13日、小学校高学年の女児に性的暴行を加えたとして、強姦(ごうかん)の疑いで神戸市北区京地、同県警甲子園署地域課の巡査長中村和洋容疑…

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2005/07/14001119/trackback/

Leave a Reply