アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

Archive for “2005年7月24日”

パソコンが起動しない……(T^T)

2005年7月24日 at 19:46:29

この状態で固まって動かない…

自宅のパソコンが起動しなくなりました…。(T^T)ク――ーッ

あるプログラムを起動しようとしたら、いつまでたっても起動せず、ちょっと調子悪くなたので、とりあえずWindowsを再起動させようとしたところ、設定を保存しています…のところで、いつまでたっても終了しなくなりました。それでブチッと電源を切ったのですが、そのあと再起動させたら、Windows2000の画面は出るのですが、そこで固まってしまって、いくらたっても起動しなくなってしまいました。

セーフモードで起動させても、画面が暗転したところで固まってしまい、やっぱりいつまでたっても起動しません。

困った……。どうしたらいいんだろう?

フィナンシャルタイムズ紙の「靖国史観」批判

2005年7月24日 at 14:03:36

靖国神社の「日本の戦争は正義の戦争だった」という特異な歴史観について、ニューヨークタイムズ、USAトゥデーの記事を紹介しましたが、こんどは英紙フィナンシャル・タイムズが、7月19日付で「アジアの騒ぎ――まさに地域経済が統合されるときに、ナショナリズムが高まる」という記事を掲載。そのなかで、靖国神社の特異な戦争観について、次のように書いています。

The Yasukuni museum next to the shrine shamelessly glorifies Japan’s war record and glosses over such “incidents” as the Nanjing massacre, but the mixed and sometimes acerbic responses recorded in the visitors’ books suggest that many Japanese remain unconvinced.

拙訳で概略を紹介すると――

神社に隣接する靖国博物館〔遊就館のこと〕は、恥知らずにも、日本の戦争の記録を美化し、南京大虐殺のような“事件”についてごまかしている。しかし、来館者ブックに記録された、様々なそして時には辛辣な反応は、多くの日本人が依然として納得してないことを示唆している。

フィナンシャルタイムズ紙の記事全体は、日本だけを批判したものではなく、中国や韓国の「ナショナリズム」も問題にしています。そういう立場からのものであっても、靖国神社・遊就館がおこなっている「日本の戦争は正義の戦争だった」という主張は、「恥知らず」なものとしか言いようのないものだと批判されているところに、この記事の妙味があります。

FT.com / Home UK – A stir in Asia: nationalism is on the rise even as the region’s economies intertwine
Read the rest of this entry »

Tags: ,