ホントは軽い日本の企業負担

財界は、口を開くと二言目には、「企業負担を軽減してほしい」「法人税の実効税率を下げてほしい」と言うけれど、実は、日本の企業の税・社会保険料負担は、ヨーロッパに比べると軽いのです。

↓これは、経済産業省の「経済社会の持続的発展のための企業税制改革に関する研究会」(経済産業政策局長の私的勉強会)の「中間論点整理」として公表された資料[1]。数字は、法人所得税、社会保険料事業主負担がをそれぞれ名目GDPの何%占めるかを国際比較したもの[2]

企業の公的負担の国際比較
法人所得税負担 社会保険料事業主負担 合計
日本 3.1% 6.8% 9.9%
ドイツ 1.8% 7.3% 9.1%
イタリア 2.8% 8.9% 11.7%
フランス 2.6% 11.4% 14.0%

もとのグラフは↓これ。
企業の公的負担の国際比較(経済産業省「経済社会の持続的発展のための企業税制改革に関する研究会」中間論点整理参考資料から)

法人所得税だけなら、日本より軽くなっていますが、ヨーロッパでは企業の社会保険料負担が大きいため、全体としては、日本企業以上に公的負担をしている訳です。日本企業だって、フランスやドイツにいけば、これだけの税・保険料を負担しているのです。だからって、日本企業が「負担が重いから」といって、フランスやドイツから撤退したことがあるでしょうか? 海外で負担しているのだから、日本でも負担できない理由はありません。企業にヨーロッパ並みの負担を求めることは、何も無理難題をふっかけている訳ではないということです。

「ホントは重い日本の消費税」に続く…

  1. リンク先の「経済社会の持続的発展のための企業税制改革に関する研究会「中間論点整理」【参考資料】(PDF形式:1,051KB)」62ページのグラフ []
  2. 合計はオイラが計算。元のグラフの韓国、中国、アメリカ、イギリスは省略 []

Similar Articles:

  1. 花のニッパチ、心のままに - trackback on 2005/09/07 at 01:28:24
  2. 資料をたくさん引用させて頂きました。
    宜しくお願いします。

    大変参考になりました。

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackbacks and Pingbacks: