Daily Archives: 2005/10/04

この間買った本

備忘録です。まったく、ぐちゃぐちゃです。

  • 森本忠夫『マクロ経済学から見た太平洋戦争』(PHP新書、8月刊)
  • 森本忠夫『特攻 外道の統率と人間の条件』(光人社NF文庫、7月刊)
  • 藤田英典『義務教育を問い直す』(ちくま新書、8月刊)
  • 坪井秀人『戦争の記憶をさかのぼる』(ちくま新書、8月刊)
  • 阿部善雄『最後の「日本人」 朝河貫一の生涯』(岩波現代文庫、2004年7月刊)
  • 金東椿『近代のかげ 現代韓国社会論』(青木書店、9月刊)
  • 歴史学研究会編『歴史研究の現在と教科書問題 「つくる会」教科書を問う』(青木書店、8月刊)
  • マルクス『フランスの内乱/ゴータ綱領批判/時局論―インド・中国論<上>』(筑摩書房マルクス・コレクション第6巻、9月刊)
  • 内海愛子『戦後補償から考える日本とアジア』(山川出版社、日本史リブレット、2001年刊)
  • 小野善康『不況の経済学 甦るケインズ』(日本経済新聞社、1994年刊)
  • 野田正彰『この社会の歪みについて 自閉する青年、疲弊する大人』(ユビキタ・スタジオ発行、KTC中央出版発売、8月刊)
  • 山室信一『日露戦争の世紀 連鎖視点から見る日本と世界』(岩波新書、7月刊)
  • 小菅信子『戦後和解 日本は<過去>から解き放たれるのか』(中公新書、7月刊)
  • 山田文比古『フランスの外交力 自主独立の伝統と戦略』(集英社新書、9月刊)
  • 小林英夫『満鉄調査部 「元祖シンクタンク」の誕生と崩壊』(平凡社新書、9月刊)
  • 三浦展『下流社会 新たな階層集団の出現』(光文社新書、9月刊)
  • 中村政則『戦後史』(岩波新書、7月刊)
  • 保阪正康『あの戦争は何だったのか 大人のための歴史教科書』(新潮新書、7月刊)
  • 加藤周一『二〇世紀の自画像』(ちくま新書、9月刊)
  • 稲葉振一郎『「資本」論 取引する身体/取引される身体』(ちくま新書、9月刊)
  • I・F・ストーン(内山敏訳)『秘史 朝鮮戦争』(青木書店、1966年=古本)
  • 安良城盛昭『歴史学における理論と実証 第1部 太閤検地論争を中心として』(御茶の水書房、1969年=古書)
  • 石母田正『古代末期政治序説』(未来社、1964年=古書)

問題は、どうやって効率よくこれらの本を読み終えるかということ。読んでみて役に立ちそうにないと思ったら、さっさとあきらめるしかなさそうです。(^_^;)
Read more »

04年度、226億円のサービス残業代支払わせる

2004年度中に、企業に是正指導されたサービス残業代の総額が226億円にのぼることがあきらかに。総額では前年度より減ったものの、指導をうけた企業は253社増えて1437社に。

<不払い賃金>サービス残業、高水準のまま 指導企業は増加(毎日新聞)

Read more »

風邪…?

03:00
寝ていて、激しい寒気で目が覚める。ガタガタと全身が震える。押し入れから厚手の掛け布団を引っ張り出してかぶっても、まだ震えが止まらない。体温を計ると、36.5度。
03:40
依然として震え止まらず。体温37.5度
04:20
どっと寝汗をかいたところで目が覚める。少し寝たようだ。さっきまでの寒気がしなくなった。もう熱が下がったのかと喜んだが、計ると38.5度ある。
08:00 (追記)
ほぼ平熱に戻る。少し寝た感覚があるけれど、ともかく全身汗まみれ…。出勤時間には遅れているけれど、とりあえずシャワーを浴びてから出かけることにします。(^_^;)
Read more »

仮面のショスタコーヴィチ

日曜日、友人から譲ってもらったチケットで、上野の文化会館へ。都響のコンサート《森の響き》第19回。「赤い森にて?仮面のショスタコーヴィチ」というテーマで、もちろんオール・ショスタコーヴィチ・プログラム。

  • 祝典序曲 作品96
  • 音楽喜劇「モスクワ=チェリョームシキ」作品105より 管弦楽組曲(A.コナール編)
  •     ≪休憩≫
  • オラトリオ「森の歌」 作品81

この日の関心の1つは、指揮の岩城宏之さん。8月に肺の腫瘍摘出手術を受けられたばかり。72歳という年齢もあり、果たしてどれほどお元気になられたのか心配でもあり、また岩城さんの指揮ぶりをもう一度見たいという期待もあって、出かけてきました。

Read more »