在韓米軍、1991年まで核兵器配備

米国防総省の文書から、在韓米軍が1958年から91年まで韓国内16カ所に11種類の核兵器を配置していたことが明らかに。

核兵器、在韓米軍が91年まで16か所に配置(読売新聞)

核兵器、在韓米軍が91年まで16か所に配置

 【ソウル=平野真一】韓国与党・ウリ党の崔星(チェ・ソン)議員は9日、在韓米軍が1958年から91年まで、韓国内16か所に11種類の核兵器を配置していたと述べた。
 最近公開された米国務省、国防総省の文書で明らかになったという。同議員によれば、核兵器はソウルや江原道(カンウォンド)春川(チュンチョン)などの米軍基地6か所に配置されていたほか、釜山(プサン)や京畿道(キョンギド)議政府(ウィジョンブ)など10か所に配置されていたと推定され、その種類は核爆弾、地対地ミサイル、核地雷など多岐にわたるという。
 これらの核兵器は、91年11月5日に当時のジョージ・ブッシュ米大統領が承認した「国家安保命令64号」によって米本土に撤収されたという。[2005年10月9日21時48分 読売新聞]

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">