アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

Archive for “2005年10月24日”

今度は英紙フィナンシャル・タイムズが小泉首相の靖国参拝を批判

2005年10月24日 at 23:33:13

米ニューヨークタイムズ紙に続いて、英フィナンシャル・タイムズ紙10月24日付が小泉首相の靖国参拝について社説を掲載。

日本は近隣諸国と対話を 靖国参拝で英紙社説(共同通信)
Read the rest of this entry »

Tags:

イラク世論調査で45%が英米軍への攻撃を支持

2005年10月24日 at 23:19:14

英国防省が実施した世論調査で、45%が駐留英米軍への攻撃を支持。82%が多国籍軍の駐留に「強く反対」と回答。

英米軍への攻撃、45%支持 イラクで世論調査(神戸新聞)
Read the rest of this entry »

米紙Christian Science Monitorが小泉首相の靖国参拝を批判

2005年10月24日 at 22:59:40

米日刊紙Christian Sience Monitorが10月21日付で、「小泉の訪問は、容易に認めがたい歴史観を持ち上げる」と題する東京特派員の記事を掲載。

Koizumi’s visits boost controversial version of history(Christian Science Monitor)
Read the rest of this entry »

Tags:

連鎖視点からみた日露戦争

2005年10月24日 at 22:13:45

山室信一『日露戦争の世紀』

山室信一さんの『日露戦争の世紀――連鎖視点から見る日本と世界』(岩波新書、2005年7月刊)を読み終えました。

今年は、日露戦争100年ということで、いろんな本が出ていますが、本書は、<1>日露戦争をはさむ1世紀――つまり1855年の日露和親条約の締結から、1955年の日ソ交渉の開始までの1世紀――を、どうして「和親」から始まった日露関係がわずか50年で開戦にいたったのか、そして、その後50年の間に日本はアジアへ侵略を拡大していったのはどうしてかをたどり、また、<2>日露戦争を出発点とする1世紀を、「戦争と革命の世紀」の20世紀として、また「アジアとの交流と断絶の20世紀」として、ふり返っています。

そのための方法というのが「連鎖視点」なのですが、それは、歴史のなかで生起する「あらゆる事象を、歴史的総体との繋がりの中でとらえ、逆にそれによって部分的で瑣末と思われる事象が構造的全体をどのように構成し規定していったのか」を考えるというもの。人と人との出会いや、出来事の繋がりで、歴史の「意味」を探ろうというもののように見受けました。
Read the rest of this entry »

今週の「九条の会」(10月22日まで)

2005年10月24日 at 00:11:17

各地の「九条の会」の活動を取り上げたニュースを、インターネットからピックアップしました。

Read the rest of this entry »

Tags: