アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

イギリスの童話「一寸法師」って?

2005年10月27日 at 23:44:35

『資本論』を読んでいたら、「7マイル長靴」というのに、訳注がついていて、「イギリスの童話『一寸法師』にでてくる人食い鬼が履く、一またぎで7リーグ(約21マイル)進める長靴にちなむ」と書いてありました。(新日本出版社版『新訳 資本論』新書版第2分冊523ページ)

イギリスの童話「一寸法師」? 「一寸法師」はもともと日本のお話。イギリス版の「一寸法師」って、どんなお話なんでしょう?
ご存じの方、ぜひお教えください。m(_’_)m

Similar Articles:

Tags:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

2 Responses to “イギリスの童話「一寸法師」って?”

  1. >うにさん
    いつもお世話になってます。
    seven-league bootsというのが出てきますから、確かに、これです。しかし、一寸法師とはちょっと違いますね。子どもが親に捨てられるという基本モチーフは、「ヘンゼルとグレーテル」に近いかも知れません。
    ありがとうございました。m(_’_)m

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2005/10/27234435/trackback/

Leave a Reply