ウクライナ、ブルガリア両軍がイラク撤退完了

ウクライナ、ブルガリア両国防省が、12月27日に、イラク派遣部隊の絶対完了を発表。

ウクライナなど撤退完了を発表 イラク駐留部隊(中日新聞)

ウクライナなど撤退完了を発表 イラク駐留部隊
[中日新聞 2005年 12月 29日]

 【モスクワ=常盤伸】ウクライナ、ブルガリア両国防省は27日、イラク駐留部隊の撤退が完了したと発表した。両国部隊は駐留延長を決めたポーランド指揮下で活動していた。ウクライナは50人が軍事顧問として残留して、イラク軍兵士の訓練などに協力するという。
 ウクライナは2003年8月から、中東欧諸国の中でポーランドに次ぐ約1600人規模の部隊を中部クートなどに派遣。しかし爆弾テロなどにより犠牲者が増加し、今年3月に全面撤退を決め段階的に撤退していた。
 約450人の部隊を派遣していたブルガリアも、兵士などに20人近い犠牲者が出たことから、駐留反対の世論が高まった。6月の議会選で即時撤退を主張する旧共産党系の野党、社会党が第一党になったが、イラク暫定政府の要請で、15日のイラク国民議会選後に撤退を開始していた。

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">