アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

アーミテージ米前国務副長官が、自衛隊の5月イラク撤退に理解

2006年1月25日 at 12:22:19

アメリカのアーミテージ前国務副長官が、日本テレビの単独インタビューに答えて、イギリス、オーストラリアの撤退にあわせて自衛隊が撤退することに理解を示したそうです。

米・アーミテージ前国務副長官 自衛隊の5月のイラク撤退に理解(日テレNEWS24)

米・アーミテージ前国務副長官 自衛隊の5月のイラク撤退に理解
[日テレNEWS24 1/25 1:48]

 アメリカ・アーミテージ前国務副長官は24日、「自衛隊のサマワでの活動は高く評価されている」とした上で、「イギリスとオーストラリアが(5月に)イラクから撤退する際、自衛隊も撤退するのが適当だ」と述べ、ブッシュ政権は5月の撤退を理解するだろうとの見解を示した。
 そして、今後はイラクの治安部隊の養成に、日本を含む各国の協力が求められていることを明らかにした。

Similar Articles:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2006/01/25122219/trackback/

Leave a Reply